BB戦士No.377 レジェンドBB 武者號斗丸 レビュー

 さて今年最後のガンプラレビューです。

 今回はレジェンドBB 武者號斗丸のレビューです。

           121230 (2)

           121230 (3)

 フロント&リア

 121230 (4) 121230 (5)

 スーパーモード爆熱の陣

 121230 (8) 121230 (9)

 軽装形態

 121230 (10) 121230 (11)

 表情変更、選択シール

              121230 (6)

              121230 (7)

              121230 (1)

 熱破刀

              121230 (12)

 爆烈刀

              121230 (13)

 ポージングなど

           121230 (14)

           121230 (15)

           121230 (16)

           121230 (17)

           121230 (18)

           121230 (19)

 BB戦士全盛期のきっかけとなったのは間違いなく號斗丸が登場したからでですよね。

 舞威丸時代から考えて3作品連続登場したり、武者○伝では別方向でパワーアップしたり。

 昔のキットと比べるまでもなく出来がよくなっています。

 鎧も胸部、腰部、腕部まで取り外せるようになりましたし、肩の羽織は取り付け方法変更で腕の可動範囲も広くなりました。

 ちょっと贅沢をいえば天の神具や石破天驚剣などが付いていればもう文句はないです。

 こうしてBB戦士もリニューアルされていくのも嬉しいですね。

 自分的には武者飛駆鳥や烈光頑駄無といった號斗丸の肉親系をリニューアルしてもいいのではと思います。

 ただBB戦士もこういった路線になると新シリーズの展開が無くなってきてしまいそうですね。

 三国伝以降武者やそれに準じたシリーズはありませんし。

 過去TVシリーズの新作があればそれをモチーフにした武者が登場していたのに。

 SEED DESTNIY以降そういった作品が無いのは残念です。三国伝ではファーストから∀までのMSしかモチーフにされませんでしたし。

 AGEを含めた全作で何か新しい武者シリーズできませんかね?

 もしくは三国伝がスパロボUXに参戦を祝って赤壁以降のストーリーをアニメでやるとか。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック