figma 衛宮切嗣 レビュー

 つい最近攻略本買うまでロストヒーローズを買っていたことを忘れていた自分。

 それだけGジェネに夢中だったということだと思うのですが…、流石に何を積みゲーにしているか忘れているというのは不味いなと思いだした今日この頃です。

 今回はfigma 衛宮切嗣のレビューです。

                  121006 (1)

 121006 (2) 121006 (3)

 前後ビュー

 121006 (4) 121006 (5)

 頭部アップ、交換フェイス

              121006 (6)

              121006 (7)

              121006 (8)

 交換ハンドパーツ

              121006 (10)

 煙草

              121006 (9)

              121006 (11)

 交換腕部パーツ

              121006 (12)

 M950

              121006 (13)

 コンテンダー

              121006 (14)

              121006 (15)

 WA2000

              121006 (16)

 エフェクト

              121006 (19)

              121006 (18)

              121006 (17)

 ポージングなど

           121006 (20)

           121006 (21)

                  121006 (22)

           121006 (23)

           121006 (25)

                  121006 (24)

 フェイスパーツだけ見たら怪しいおじさんにしか見えない(笑)

 ヴァンプ将軍やサンレッドのように服が布製ではないのでポケットに手を入れているように見える腕と交換することでそれらしく見えます。

 煙草が別パーツになっているので無くしそうで怖いです。こういったところは一体にしてほしかったですね。

 3種の銃とエフェクトが付いていて劇中の発砲シーンを再現出来るところは嬉しいところです。

 ZEROのセイバー陣営の主要キャラクターはfigumaになりましたが、他のキャラクターはfigmaにならないのでしょうか?

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック