第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 クリアの感想など

 久々にゲームをクリアした気がします。

 というかクリアできてよかった、第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(以下2次Z)。

 これ以前にプレイしていたスパロボは途中で止まっていますし。

 今回はクリアの感想やプレイ中に思ったことを書こうと思います。

 難易度は中ぐらいでしょうか。1周目ですから全ステージのSPポイントは取れませんでしたが。

 2次Zでは最初にフル改造したのは最も優遇していたグレンラガンです。今までのスパロボの方針では必ず主人公機を最初にフル改造していましたが、ホンっとにグレンラガンの参戦が嬉しくてブラスタが霞みました。

 グレンラガンに次いでブラスタをフル改造。1周目ではこの2機だけフル改造できました。他は50%を超えるか超えないかぐらいです。

 ダンクーガノヴァやゲッター、紅蓮弐式が上記の2機に次いで改造してました。

 ストーリ的にW系や00系のガンダムも使っていたのですが、運動を改造してもあんまり避けない。ガンダム系のユニットが意外なほど回避率が低い。やっぱりニュータイプが居ないからか。

 そして前作スパロボZ(以下Z)のユニットの参戦が遅くて使いにくかったです。Zのストーリー後なのにユニットによっては最強武器が使えない状態とか。

 会話では部品がないからとかなっていましたが。それでも1周目ではアクエリオンとストライクフリーダムガンダム、デスティニーガンダム、時折ビッグ・オーを使っていました。

 戦闘のグラフィックも変化がないのかと思っていたら微々たる変化はありましたし、ガンダム系ユニットにはリアルのカットインがあったのは良かったです、というかガンダム系ユニットでリアルのカットインが入るのは2次Zが初なのでは?

 しかし過去最多作品が参戦しているのに1ステージの出撃数が少なすぎる。最多の意味がないような。

 やはり小隊システムを残してほしかったです。PSPでは厳しいのでしょうか?それでも3機1小隊でなくてもツインユニットぐらいはしてほしいです。次作に期待?

 意外と役に立ったのはルルーシュの戦術。便利でしたしね。それに反して序盤のダンクーガノヴァとガイヤーの使いにくさ。気力が上がる前にステージクリアしてしまうので合体することが少なかった。

 ストーリーに関しては各作とも中途半端。一応でいえば00とグレンラガンぐらいしか第1部の完結していない気がします。まぁぶっちゃけマジンガーやダイガードはアニメを見ていないのでどのあたりが区切りなのか分から界のですが。

 WはせめてTVシリーズの5人にガンダムパイロットが宇宙に戻るところぐらいは行ってほしかった。そしてコードギアスは次作でR2に入るのならばブラックリベリオンまでやるべきだと思いました。クリア後の予告では次回でブラックリべリオンからみたいですが。

 マクロスやゲッターも中途半端ではありますが、2部に分けるのなら妥当なところだろうという感じです。

 やっぱりよくわからなかったのは結局ガイオウは何者で何がしたかったのか?アサキムも何がしたいのって感じ。そしてスフィアを持つキャラを12人出すのでしょうか?現時点で5人ぐらいでしたっけ?

 次作「再世篇」2次Zは完結出来るんですかね?

 Zもαシリーズみたいに4部ぐらいなるんじゃないかとも思うのですが。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

Y.K.@ : 2011/05/13 (金) 03:26:04

お久しぶりです。
私も今してますよ
普段めったにスパロボでクリアできない私が現在分岐の宇宙ルートの43話なんですが、さすがに敵強いですね

管理人のみ通知 :

トラックバック