グローランサー6の感想&グローランサー1クリアの感想そしてグローランサー2開始

今回はグローランサー6の感想と仮定及び、1をついにクリアしたのでその感想、さらに2を開始してのでそのプレイ状況について。
 
 まずは6について。

 全体的な感想ですが、5よりは面白かったと思います。色々とスムーズになってましたし。ストーリー展開も良かったと思います。不満点があるとすればアビリティーツリーが武器と防具によってフローが決まるところです。5では自由にフローが決められたのに。あと、序盤すぐにゴートランド(5の大陸)に行き、そこでの出来事の方がエスグレンツ大陸での出来事より少ないことです。ネタばれになるかもしれませんが、「5っていったいなんだったんだろう・・・」と思わざるをえません。最後の最後で過去を変えてしまったので。
パーティーですが、主人公(メークリッヒ)、ウェンディ、ルキアスは序盤から最後まで変えませんでした。ホフマン、イリステレサ、アニータは出たり入ったりだったので、ゼオンシルト(5の主人公)が仲間になってからはゼオンシルトをパーティに入れてました。EDですがほぼ全攻略キャラのイベントを見たため、おそらく全員見れると思うのですが、LVの都合で見てません。見たのはウェンディとネーリスです。まぁウェンディは一番自然だと思い、ネーリスは興味があったからです。LVの都合でいえばルキアスも見れるはず。ユリィも多分。ネーリスはEDがあると知ってからは、仲間になると思ってました(ならなくてちょっとショック)。
6も5同様あまり好みのキャラがいませんでした。
 
 続いて1のクリア感想。
 ラスボスはかなり面倒でした。ネクタルなど回復アイテム使いまくりでした。最終パーティは主人公(カーマイン)、ウォレス、ジュリアン、ルイセ、カレンです。とにかくカレンがよく狙われました。EDはセーブを2個作っていたので、カレンとジュリアンのEDを見ました。この2人を狙ってたので。
全体の感想ですが、面白かったと思いました。さすがシリーズの原点だと思いました。3や5よりは断然面白いと思います。

 で、1をクリアしたので2のプレイを火曜から開始しました。現在はウォルフガングが傭兵の国のための独立を宣言したところまでです。

 次回からはグローランサー2のプレイ状況について書きたいと思います。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック