ガンダムマーカーで塗装

 今月は月初めに三国伝のレビューが終わってしまったので、今回は久々にガンダムマーカーで塗装したキットを。

 マンガ版の順番でキットは曹操ガンダムまでガンダムマーカーで塗装していました。


           100619.jpg

           100619 (1)

           100619 (2)

           100619 (3)

           100619 (4)

           100619 (5)

 マンガ版孫権ガンダム、呂布トールギス・赤兎馬・天玉鎧セット、夏侯惇ギロス、孔明リ・ガズィでです。

 どのキットもそうですがゴールドの使用率が1番多いです。

 孫権ガンダムは大体塗れていますが、剣の部分が入り組んだところが多くペン先では塗装出来ないため可能な場所の塗装で済ませています。

 呂布トールギスはほぼフルカラーになっているはず。ただやはり武器の入り組んだところは塗れていません。また武器の持つ部分は本当は赤いのですが、取ったり持たせたりして塗装が剥げてしまうのが分かっているため塗装していません。

 赤兎馬はバイクモード時のタイヤのホイール以外は塗装出来てるはず。天玉鎧もおそらく。

 夏侯惇ギロスは紫以外はほぼ塗れているはずです。ガンダムマーカーに紫がないためです。バイオレッドが色的に近いのかなと思っているのですが。武器の塗装が少し大変でした。

 最後孔明リ・ガズィですが、白以外は塗りました。ホワイトで塗装してしまおうかとも思ったのですが、孔明の白は若干青味があるためホワイトでは違うなと思い塗装しませんでした。

 ガンダムマーカー三国伝セットとホワイト、グレー、ブラックで三国伝のキットの大体は塗装する事が出来ると思っていましたが、中々そうもいかないです。今回の夏侯惇ギロスや次の夏侯淵ダラスのようにガンダムマーカーにない色や孔明リ・ガズィや公孫瓚イージーエイトのように白なんだけど真っ白ではないなど。

 入り組んだ部分にはペン先が入らず塗装しきれないという問題も。筆と薄め液があれば出来なくはないですが、筆はあっても薄め液の残りが大分少ないので控えたいですし。

 まぁ今のままでも塗装を楽しめているのでそこまでこだわっていません。

 次は夏侯淵ダラスの塗装をしようと思っています。兜と武器以外は夏侯惇ギロスとほぼ同じですね。


 余談ですが、真・恋姫†無双~乙女大乱~が終わりましたね。前回では登場しなかったキャラ登場し、最終回ではほぼ全キャラが登場していたのは良かったと思いますが、やっぱりあの終わり方でいいのか?と思ってしまいます。

 やはり原作の方が断然いいです。

 あと三国志、三国志演義がらみから最近一騎当千を見ています。第3期まで一気にみたのでづ魏は4期を見ようと思っています。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック