レーゲンデュエルガンダム 製作記その1

 最近書くことが余り無かったので、これを期にレーゲンデュエルガンダムの製作過程について書こうと思います。何だか無双が上手くいかなくなってきたところでもありましたし。

                 100413.jpg

 VS ASTRAYシリーズでは1番シンプルでスタンダートだと思うのですがどうでしょう?

 今回の製作方針は「キレイに仕上げる」です。ですから目立って大掛かりな改造などはしないと思います。今のところ。

 頭部

          100413 (1)

 フェイスパーツは後ハメ加工しました。フェイスパーツが少し縦に長く感じたのでアゴを少し削っています。もちろんツノもシャープに削りました。

 胴体部

          100413 (2)

 胸部と腰部を後ハメ加工しました。

 肩アーマー

                  100413 (3)

 後ハメ加工が困難と考え合わせ目部分に段落ち加工をしてディテールっぽくしてます。

 バズーカのストライカーパックのアーム接続部分

                  100413 (4)

 既に隙間埋めをしているため中を紹介できませんが、中にポリキャップを仕込んでいます。通常のままだと遊んでいるうちに緩んでしまうためそれを防ぐためです。ディテールが何も無いのはちょっと寂しいので筋彫りを追加してます。

 

          100413 (5)

 ももの内側を削って足を少し広く広げられるようにしています。

 自作手

          100413 (6)

 今回の製作に当たりおそらく1番手が込んでいるところだと思います。友人から貰ったパテブロックから削りだしました。大分形を出しましたが、まだ各部の処理が甘い状態です。手の甲はプラ板、親指はパテを後付してから削りました。

 以前書いたようにちょっとずつ進めているため大して進んでいません。大きな改造よりも各パーツの面処理、ヒケやパーティングライン、エッジ、ラインなどの処理に力を注いでいる状態です。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック