ギレンの野望 アクシズの脅威V 戦時記録その3

 ちょっと旗色は悪くなりましたがなんとか盛り返しました。

 前回まではマドラス攻略準備。ハワイ奪還の危機だったわけですが。

 マドラスを制圧したのですが、ハワイを奪還されてしまいました。しかしすぐに奪い返しました。

 さらにそこからトリントン攻略のためオーストラリアへ侵攻。

 ドムも少数ですが用意出来ましたし、スゴックも必要であろう数を揃え、ターンはかかりましたが56ターンごろにベルファストへ進攻。60ターン前に制圧し、そこからグリーンランドを制圧しました。

 系譜ではここまで進む事が出来なかったのでちょっとした達成感があったり。

 イベントは、ランバ・ラルへドムを送ってホワイトベース隊を撃破させました。

 他、EXAM開発でクルスト博士が連邦へ亡命しましたがニムバスを派遣、EXAM搭載機の追撃はさせずブルーディスティニー2号機の開発プランを入手。
 
 連邦のオデッサ進攻作戦もマ・クベを司令官にしました。核を使えばアライメントが下がると分かっていても、守りが薄くなっていたオデッサを守り他のエリアから援軍を送る時間を作るためにもマ・クベを派遣しました。

 当然アライメントは大幅に下がりましたが、情報統治で戻しました。

 またペズン計画や統合整備計画も発動させ、ギガン、ガッシャ、リックドムⅡ、ハイゴックなども開発できるようになりました。

 アスタロス開発も開発まではしましたが使用せずライノサラスの開発プランをゲット。しかしヴィッシュは行方不明。ライノサラスよりもヴィッシュを選ぶべきだったかとちょっと後悔。

 アプサラス開発もひとまず行い、途中で中止してアプサラスの開発プランを拾得。ギニアス、ノリス、アイナを残しました。

 オッゴとビグ・ラングの開発実験も行いました。

 次期主力機はゲルググを採用しました。

 本当は直ぐにルナツーを攻めたかったのですが、進攻作戦の提案がされず連邦のソロモン攻略作戦が行われましたが、ソーラ・レイを開発していたので迎え撃つことが出来ました。

 ちなみにソーラ・レイの標準はゲルドルバから連邦艦隊へ変えました。

 現在70ターン、特別エリア13、制圧エリア52、部隊数223。

 地上は残すところジャブローのみ。ルナツー攻略後直ぐにでも攻められるように周辺エリアに地上部隊を集結中。

 宇宙はルナツー進攻のため戦力を揃えているところです。

 残り30ターンで連邦を打破出来るか?ギリギリかもしれません。

 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック