スーパーロボット大戦OG外伝 3周目はノーマルで

 前回スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS(以下OGS)を終え、2.5をやるくらいならOG外伝を始めようかなみたいなことで締めましたが、今回スーパーロボット大戦OG外伝(以下OG外伝)の3周目を開始しました。

 OG外伝はちょうど2周目をクリアし終えたセーブだったので、流れ的にはちょうどイイと思います。ノーマルかエクストラハードのどちらにしようか迷いましたが、2周目とはいえ資金やPP(パイロットポイント)の繰り越しがあるといっても、最終局面の連戦はかなりキツいです。はっきり言ってラスボスよりもその前とそのまた前のステージの方が断然難易度が高いです(ボス系のユニットが1度倒してもパワーアップしたりするので)。

 なので今一度ノーマルモードで開始。もう少し繰り越し資金とPPを稼ごうと思います。

 現在は第1話「凍結した過去」~第4話「踊る揺籃(後編)」までクリア。

 第1話「凍結した過去」はOG2のサイドストーリー的なステージ。スーパーロボット大戦MXのキャラが登場します。攻略については特にこれといった手段は使ってません。普通に前進して敵を撃破。熟練度習得も大して難しくは有りませんが、フォリアが若干命中率が低いため、フォリアが攻撃を外したりすると習得できない場合があります。初期の敵を撃破するとアインストレジセイアが登場しますが、撃破の必要なし(というか出来ない)。数ターン経過するとイベントが発生してステージクリア。

 第2話「捨てる神あれば」もOG2のサイドストーリー的なステージ。出てくる敵も大したことはありませんが、量産型ジガンスパーダがちょっと倒しにくかったりします。このステージの熟練度は4ターン以内に味方ユニットが1体でも目標地点到達すればいいので、無理に敵を全滅させることはありません。

 第3話「踊る揺籃(前編)」は番外編的な話。カイが仕官候補生の訓練を行うステージで、熟練度は3ターン以内に勝利条件を満たすこと。集中を使えば難なくクリアできますが熟練度を達成するのなら注意が必要。カイの量産型ゲシュペンストMk-Ⅱは長距離武器がスプリットミサイルしかないので、相手との距離がある場合は3ターンで全滅させられない場合があります。

 第4話「踊る揺籃(後編)」は前話の続き。ウェンディゴの撃破が条件ですが、熟練度は味方が1機も撃墜されないこと。初期は量産型ヒュッケバインMk-Ⅱ(連邦兵)が3機。ここは無理に攻撃せず、また相手ターンの攻撃も命中率が50%以下なら回避を選び、避けられなくても見方の援護防御でしのぐ。量産型ゲシュペンストMk-Ⅱ(カイ)がでたら量産型ゲシュペンストMk-Ⅱのみで攻撃。味方をそばにおいておけば敵のターン時の攻撃で避けられない場合も援護防御で問題なし(集中を使えば大体避けてくれます)。途中で武器選択にジェットマグナムSが加わります。

 といった感じです。少しは参考になるでしょうか?OG外伝ではカイが若干使いやすくなってます。OGSでは使いにくい印象があったカイですが、OG外伝では精神が少し変更され序盤から集中が使えます。おそらくは量産型ゲシュペンストMk-Ⅱ改(カイ機)を使えるようにする(もしくは目立たせる?)ためだろうと思いますが。

 まぁゆっくり攻略していこうと思います。では。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック