魔法少女リリカルなのはViVid Memory;98☆「虹の一閃」

 6月も後半。日に日に暑くなるばかりです。

 さぁ今回もやりましょう、魔法少女リリカルなのはViVid。

 先ずはコンプエースの表紙。

170627 (1)



 表紙はFate/Apocrypha、付録は同タイトルのB2ポスター。

 それでは本編の紹介は続きからどぞ。



 ヴィヴィオの一閃がついになのはを捕えました。

170627 (2)



 第98話のサブタイトルは「虹の一閃」

 ガードを固めたなのはにヴィヴィオが連打の嵐。

 ストライクアーツの選手たちはヴィヴィオがどうしてなのはの砲撃に耐えきれたのかを分析します。

 多重障壁とセイクリッドディフェンダーのフル稼働。前面集中防御で踏みとどまりながら体制を作り、持ちこたえられなくなったらバリアジャケットをパージ。

 ジャケットと障壁を生成していた魔力を爆散させ防御面に炸裂させ、その衝撃と集束砲の圧力を使用して短い距離で砲線より離脱。

 二次炸裂に備えつつ次の一撃のために死角に回り込む。

 分析と研究そして対策。さらに心願の域に達しつつあるヴィヴィオだからこそできた対策でした。

 ヴィヴィオは呼吸することさえやめて猛ラッシュ。

 しかしなのはは高速砲でのカウンター体制。

 クロスカウンター。

 なのはの高速砲は僅かにそれ、ヴィヴィオの一撃がなのはに直撃。

 煙が晴れ、そこには手と膝をついたなのは姿が。

 しかし一方のヴィヴィオは変身も解けて倒れていました。

 避けたように見えた高速砲が僅かにヴィヴィオをかすめていました。

 カウントが開始されます。

 カウント3。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック