1/100フルメカニクス ガンダムバルバトスルプスレクス レビュー

 スマホを機種変しました。これで画面が小さくて見難いのも、ホームページを見ていたりアプリを起動していたら突然落ちたり、アプリの動作が急に重くなったり飛んだりするのにもおさらばです。

 今回は1/100フルメカニクス ガンダムバルバトスルプスレクスのレビューです。

170423 (2)



170423 (3)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

170423 (4)



 ガンダムフレーム(バルバトスルプスレクス)

170423 (1)



 頭部アップ

170423 (5)



 超大型メイス

170423 (6)



 テイルブレード

170423 (7)



 サブアーム

170423 (8)



 初回限定特典ディスプレイ台座

170423 (9)



 マーキングシール

170423 (19)



 ポージング

170423 (10)



170423 (11)



170423 (12)



170423 (13)



170423 (14)



170423 (15)



170423 (16)



170423 (17)



170423 (18)



 珍しく1/144HGと同じ月に1/100が発売されましたね。

 また1/100に初回特典が付くのも久々ではないでしょうか。記憶違いがなければSEED Destiny以来ではないかと。

 相変わらずどこがフルメカニクスなのか。フレームは第1期の物とほとんど変わりませんし。腕部は大きく変化しました。

 HGではオミットされていた超大型メイスのパイルバンカーのギミックも再現されています。

 テイルブレードのリード線はサイズに合わせてHGよりも太いものになっています。

 やはりメイスが大型になっているためポージングをとらせるとその重さに腕が負けてしまいますね。

 そのためメイス用の台座もセットされています。

 ただ最大まで伸ばしてもちょっと長さが足りないかなと思いました。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック