1/144HGIBO イオフレーム獅電改(流星号) レビュー

 家族がインフルエンザにかかってしまいました。移らないよう注意しなければ。家の中でもマスクしないと。

 今回は1/144HGIBO イオフレーム獅電改(流星号)のレビューです。

170213 (1)



170213 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

170213 (3)



 頭部アップ、バイザー開閉

170213 (4)



 ライフル

170213 (5)



 パルチザン

170213 (6)



 ガントレット

170213 (7)



 ポージング

170213 (8)



170213 (9)



170213 (10)



170213 (11)



170213 (12)



170213 (13)



170213 (14)



170213 (15)



170213 (16)



170213 (17)



 昨年届いていたのですが組み立てたのは今頃…。

 通常の獅電の一部を流星号カラーにして、流星号のみの肩の追加ブースターと頭部のアンテナが新規に付属しています。

 新規パーツ追加のためか、本編で装備していなかったからかライオットシールドは付属していません。最初は同梱ミスかと思いました。

 肩に追加パーツがあるだけで結構印象が違いますね。肩のボリュームでマッスルな感じ。

 本編ではパイロットが変わって雷電号になってしまいますが、こちらもキット化に期待してもいいのでしょうか?

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック