1/144HGIBO ガンダムフラウロス(流星号) レビュー

 ソードアート・オンライン ホロウリアリゼーション蒼空の闘士の配信が始まりましたね。

 SAOのゲームシリーズでは定番となっている大型アップデートですが、休み中にクリアには至らなかったのでまだ追加シナリオはプレイできません。システムのアップデートの恩恵は受けられています。

 今回は1/144HGIBO ガンダムフラウロス(流星号)のレビューです。

170106 2 (1)



170106 2 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

170106 2 (3)




 頭部アップ

170106 2 (4)



 砲撃モード

170106 2 (7)



 背部レールガン

170106 2 (5)



 フラウロス専用マシンガン

170106 2 (6)



 ポージング

170106 2 (11)



170106 2 (12)



170106 2 (13)



170106 2 (14)



170106 2 (8)



170106 2 (9)



170106 2 (10)



170106 2 (15)



170106 2 (16)



170106 2 (18)



 この色になりアイツが乗ればそれはもう流星号になってしまうんですね。

 そしてシリーズ初の可変型ガンダム。フレームの形状は他のガンダムフレームとほとんど変わらないのに何が違うと可変になるんでしょう?

 本編ではまだ登場したばかりで活躍が少ないのですが、これからのに期待ですね。

 発掘されたときの機体カラーが白の状態も何らかの形でキット化する可能性はあるのでしょうか?プレミアムバンダイとかで。

 流石にないか。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック