1/144HGCE ストライクフリーダムガンダム レビュー

 先月を含めて3本映画を観ました。きんいろモザイク、艦これ、そして今日ファンタスティックビーストを。

 今回は1/144HGCE ストライクフリーダムガンダムのレビューです。

161204 (1)



161204 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

161204 (3)



 頭部アップ 、選択シール

161204 (4)



 高エネルギービームライフル/ロングレンジライフル

161204 (5)



 クスィフィアス3レール砲

161204 (6)



 シュペールラケルタビームサーベル

161204 (7)



 カリデゥス複相ビーム砲

161204 (11)



 ビームシールド

161204 (8)



 スーパードラグーン機動兵装ウイング

161204 (9)



 脹脛のスラスター

161204 (13)



 交換ハンドパーツ

161204 (10)



 ポージング

161204 (12)



161204 (14)



161204 (15)



161204 (16)



161204 (17)



161204 (18)



161204 (19)



161204 (20)



161204 (21)



161204 (22)



161204 (23)



 ストライクフリーダムもHGでリニューアル。旧HGと比べてスタイリッシュになりました。

 ただ、相変わらず腰のサイドにビームライフルをマウントしてしまうと脚部の可動範囲がかなり限定されてしまいます。仕方のないことかもしれませんが。

 ここ最近のガンダム系のツインアイの部分なのですが、通常のリールとクリアパーツを活かす物の2種類がありますが、正直クリアパーツを活かす方のシールはいらないと思います。全然活かせてませんし。

 RGと比べるのは間違っているのは解かっていますが、ウイングのギミックはシンプルですね。

 いずれプレミアムバンダイでドラグーンフルバーストを再現できるエフェクトパーツがリリースされることを期待します。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック