1/144HGIBO ガンダムバルバトスルプス レビュー

 昨日「レッドタートル」という映画を観に行ってきました。1本目を観るために休みにも関わらず早起きしました。…2本目が午後7時だったので。

 あまり人がいませんでした。あまり知られていないのかもしれませんがスタジオジブリなんですよ。

 だから観に行ったのですが、ジブリ感は無いし、セリフは無いし、坦々としてました。

 今回は1/144HGIBO ガンダムバルバトスルプスのレビューです。

161003 (1)



161003 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

161003 (3)



 頭部アップ

161003 (4)



 ソードメイス

161003 (5)



 武器のマウント、バックパックの担架

161003 (7)



 交換用ハンドパーツ

161003 (6)



 ガンダムトライエイジカード

161003 (15)



 ポージング

161003 (8)



161003 (9)



161003 (10)



161003 (11)



161003 (12)



161003 (13)



161003 (14)



 ついに始まった鉄血のオルフェンズ第2期。キットのはアニメ放送に先駆けての発売でした。

 第1期での戦いの後修理改修された新しいガンダムバルバトス。

 フレームのランナータグがフレーム4なっていたのでフレームは第6形態と共通ですね。

 外見は第4形態や第5形態(地上戦仕様)に近く、少しボリュームが付いた感じ。

 武器が1つしかないところはちょっとシンプルすぎますが。

 それにしてもガンダム特有の顎の形状が目立つほど変わりましたね。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック