1/144HGBF ガーベラ・テトラ(キララ専用機) レビュー

 最近仕事でちょっとしたニアミスやケアレスミスが多い気がしています。

 疲れかそれともやはり寝不足が原因でしょうか。

 今回は1/144HGBF ガーベラ・テトラ(キララ専用機)のレビューです。

160926 2 (1)



160926 2 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

160926 2 (3)



 頭部アップ、選択頭部

160926 2 (4)



 ビームマシンガン

160926 2 (5)



 ビームサーベル

160926 2 (6)



 シュツルム・ブースター

160926 2 (7)



 交換用ハンドパーツ

160926 2 (8)



 ガンダムフェニーチェリナーシタ用シール

160926 2 (21)



 ポージング

160926 2 (9)



160926 2 (10)



160926 2 (11)



160926 2 (12)



160926 2 (13)



160926 2 (14)



160926 2 (15)



160926 2 (16)



160926 2 (17)



160926 2 (18)



160926 2 (19)



160926 2 (20)



 ビルドファイターズでキララが使用していたカラーリングのガーベラ・テトラ。

 通常のガーベラ・テトラよりも多色になったため整形色の都合で一部ランナー構成が変わっていますが組み立ては変わりません。

 ビルドファイターズでも使用されないシュツルム・ブースターを装備した状態にもできます。

 物語後半で登場したブレードアンテナを装備した頭部パーツが新規に付属。正直な話、このキットがプレミアムバンダイで発売になるまで前半と後半で頭部に違いがあることに気付きませんでした。ファンが作ったか自軍で作ったかの違いだけだろうと。

 またおまけでこのガーベラ・テトラに羽交い絞めに合っていた時のフェニーチェリナーシタの表情を再現できるシールが付属しています。

 劇中でも積極的に使用されていた腕部の機関砲のディテールがもう少しどうにかならなかったと残念です。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック