1/144HGBF スクランブルガンダム レビュー

 無駄な買い物をしてしまいました。

 11月に発売されるドラゴンボールゼノバース2に前作のセーブデータが引き継げるということでPS3版からの場合セーブデータのアップロードが必要となっていたので、ならPS3版とPS4版間でクロスセーブが出来るだろうと思い込んでPS4版を新たに購入しセーブデータの共有をしようと思ったら、前作にそんな機能はがないことを知らず思い込みでPS4版を買ってしまいました。

 クロスセーブ機能が普通にあるものだと思ってしまったが故です。

 売ってしまおうか、それともPS3版との違いを比べてみるか検討中です。

 今回は1/144HGBF スクランブルガンダムのレビューです。

160914 (1)



160914 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

160914 (3)



 頭部アップ

160914 (4)



 ビームライフル

160914 (5)



 ビームサーベル

160914 (6)



 飛行形態

160914 (7)



 ポージング

160914 (10)



160914 (11)



160914 (12)



160914 (13)



160914 (8)



160914 (9)



160914 (14)



160914 (15)



160914 (16)



160914 (17)



 Zガンダムに一部デスティニーガンダム近い形状ですが完全新規のキットです。

 Z系の顔にガンダム系特有のへの字のディテールが入っている珍しい顔。

 飛行形態への変形はとてもシンプルです。というかむりくり変形と言っているような気はします。

 アイランドウォーズでは新プラフスキー粒子対応機ということで無人機ながら高い性能に加え、暴走してコロニーレザーやフォトンリングレイ、ソレスタルビーイングを制御するとか無茶苦茶してましたね。

 ビルドファイターズAでメイジンが改造したホットスクランブルがプレミアムバンダイで発売されるのを期待したいです。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック