魔法少女リリカルなのはViVid Memory;87☆「応酬」

 暑いうえに忙しいときたものですから目が回りそうです。

 さぁ今回もやりましょう魔法少女リリカルなのはViVid。

 先ずはコンプエースの表紙。

160727 (1)



 表紙はオーバーロード。

 店舗特典ポストカード

160727 (2) 160727 (3)



 それでは本編の紹介は続きからどぞ。



 ヴィヴィオとミウラの試合の応援にルーフェンからリンナ達も駆け付けました。

160727 (4)



 第87話のサブタイトルは「応酬」

 遅れてはやても到着。メイン解説を務めるようです。

 そしていよいよ試合開始のカウントダウンが開始されます。

 試合開始と同時に仕掛けたのはミウラ。

 強烈な飛び蹴りからの鉄槌の拳、連刃旋空牙が炸裂。怒涛のラッシュが炸裂しヴィヴィオからダウンを1つ取りインターミドルのお返し成功となります。

 ダウンから復帰したヴィヴィオ。ダメージは最小限にとどめたようです。

 今度は互いに距離をとり慎重な立ち上がり。

 軽快なステップを踏むヴィヴィオとじりじりと距離を詰めるミウラ。中距離からのロケットを繰り出そうとしたミウラに見えない打撃がヒット。

 ヴィヴィオが繰り出したのは拳を下げた構えから鞭のようにしならせて打ち込むジャブフリッカー。

 ただでさえ発射点と軌道の読みにくいパンチで、そこにヴィヴィオの速さと当て勘が加わりミウラもたまらず後退。

 ミウラは多少の被弾を覚悟で距離を距離を詰め打撃を見極め相打ちを狙いますがそれはヴィヴィオのフェイントでした。

 すでに攻撃モーションに入っていたミウラは止まることができず、ヴィヴィオのカウンター攻撃アクセルスマッシュWがクリーンヒット。

 聖王教会関係者特別観覧席ではカリムとシャッハ、セイン、小さいイクスと本体も試合を見に来ていました。

 1ランド目からダウンの応酬という激しい試合運びとなりました。

 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック