1/100IBO ガンダムキマリストルーパー レビュー

 ヤバい、figmaを含めて今年買ったフィギュアをほとんど開封してません。

 時間がないのもありますが何より開けた後に飾る場所がない。部屋を整理して何とかしなければ。

 今回は1/100IBO ガンダムキマリストルーパーのレビューです。

160720 (2)



160720 (3)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

160720 (4)



 ガンダムフレーム

160720 (1)



 頭部アップ

160720 (5)



 デストロイヤーランス

160720 (6)



 キマリスシールド

160720 (7)



 キマリスサーベル

160720 (8)



 サブアーム

160720 (9)



 トルーパー形態

160720 (10)



 マルチスロットアクセラレーター

160720 (11)



 ポージング

160720 (12)



160720 (13)



160720 (14)



160720 (15)



160720 (16)



160720 (17)



160720 (18)



160720 (19)



160720 (20)



160720 (21)



 ランスとかリアアーマーとかは確かに大きいけれど、キマリスお同じサイズの箱にしなくても。

 トルーパー形態でもディスプレイできるようスタンドが付属しています。

 そしてなぜグシオンのようにキマリス⇔キマリストルーパーでコンパチに出来なかったのでしょう。グシオンと比べたらよっぽどコンパチにしやすいと思うのですが。

 特徴的なランスも1/100ともなればその存在感すごいですね。サブアームがないと重さに負けてポージングが困難です。

 そして気になるのが1/100で新たに再現された胸部のマルチスロットアクセラレーター。

 取説でさえ使途不明と記載されているのに再現、というかギミックとして必要だったのか疑問。

 結構奮戦していたのにあまりに残念な最後でしたよね。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック