1/100IBO グレイズ改 レビュー

 大分熱くなってきたので私服を夏服に変えました。明日から仕事着も夏服にします。

 今回は1/100IBO グレイズ改のレビューです。

160612 2 (2)



160612 2 (3)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

160612 2 (4)



 グレイズフレーム

160612 2 (1)



 頭部アップ

160612 2 (5)



 ライフル、ライフル(ショートバレル)

160612 2 (6)



 バトルアックス

160612 2 (7)



 バズーカ砲用肩アーマー

160612 2 (8)



 バズーカ砲

160612 2 (9)



 グレイズ(地上戦仕様)

160612 2 (10)



160612 2 (11)



 バトルブレード

160612 2 (12)



 ポージング

160612 2 (13)



160612 2 (14)



160612 2 (15)



160612 2 (16)



160612 2 (17)



160612 2 (18)



160612 2 (19)



160612 2 (20)



160612 2 (21)



160612 2 (22)



 グリムゲルデが1/100でキット化した時点で1/100でのキット化はないと思っていたのですが、発表されたときは本当に予想外でした。後はキマリストルーパーぐらいだろうと思っていましたし。

 キットは通常の1/100のグレイスにグレイズ改とHGではオプションセットで別売りだったバズーカ砲とそれ用の肩アーマー、さらにHGでは再現されていない地上戦仕様の換装パーツが付属していてプレバリュー性が高いです。

 取説ではグレイズ一般機を使用して地上戦仕様に換装するようになっていますが、キットにそのままグレイズのパーツも残っているので組換えで再現することもできます。

 もしかして流星号のキット化も期待していいのでしょうか。

 流石にないかな。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック