1/144RG ダブルオークアンタ レビュー

 今年は雨が少ない梅雨になるといわれています。降りすぎるのも問題ですが降らないと水不足が気になります。

 今回は1/144RG ダブルオークアンタのレビューです。

160612 (2)



160612 (3)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

160612 (4)



 頭部アップ

160612 (5)



 アドヴァンスドMSジョイント

160612 (1)



 コックキットハッチ

160612 (6)



 GNソードⅤ(ソードモード/ライフルモード)

160612 (7)



 GNシールド、GNソードビット発射形態

160612 (8)



 Aビット

160612 (9)



 Bビット

160612 (10)



 Cビット

160612 (11)



 バスターソード

160612 (13)



 バスターライフル

160612 (14)



 直列ツインドライブ

160612 (12)



 GNドライブ

160612 (16)



 交換ハンドパーツ

160612 (15)



 バスターソード/ライフル用保持スタンド

160612 (28)



 ポージング

160612 (22)



160612 (23)



160612 (24)



160612 (25)



160612 (26)



160612 (17)



160612 (18)



160612 (19)

 

160612 (20)



160612 (21)



160612 (27)



 RGシリーズで刹那のガンダムそろい踏み。

 HGでは再現されなかったGNソードビットの発射形態やバスターソード/ライフルの保持スタンドによるポージングの安定化が成されています。

 またMGでの解釈であった各GNソードビットの保持グリップも再現されています。

 これまではMGと同様各部位ごとにフレームを組んで装甲を取り付けていく組み立て方式でしたがクアンタは鉄血のオルフェンズの1/100シリーズと同様フレームを組んでから装甲を組み立てる方式になっています。

 また腕部にはアドヴァンスドMSジョイントが使用されていません。

 GNソードビットの放射状態を再現できるディスプレイスタンドとかプレミアムバンダイで商品化されませんかね?

 もしくはエルスクアンタをRGでまさかのキット化とか。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック