1/144HGIBO ガンダムアスタロト レビュー

 ここ最近は仕事が安定期なのか忙しくてたまらないということが減ってきました。いいことなのかはまた別ですが。

 今回は1/144HGIBO ガンダムアスタロトのレビューです。

160518 2 (1)



160518 2 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

160518 2 (3)



 頭部アップ

160518 2 (4)



 ライフル

160518 2 (5)



 ナイフ

160518 2 (6)



 デモリッション・ナイフ

160518 2 (7)



 サブナックル

160518 2 (8)



 ポージング

160518 2 (9)



160518 2 (10)



160518 2 (11)



160518 2 (12)



160518 2 (13)



160518 2 (14)



160518 2 (15)



160518 2 (16)



 鉄血のオルフェンズの公式外伝ストーリー鉄血のオルフェンズ月鋼に登場する第4のガンダムがはやくもキット化。

 最近は外伝からのキット化も普通になってきましたね。

 目を引くのはその左右非対称両腕両脚部。2個買ってどちらかに揃えて見たくなります。

 左腕部はアニメに登場しながらキット化しなかったスピナ・ロディに近い形状なのでこれとマンロディを使ってスピナ・ロディをスクラッチする人もいることでしょう。

 左腕部のサブナックルは指が可動するのですが、第2関節も可動してほしかったですね。面白いのがまるで右腕にもにも付けられるよう意識したかのように右手仕様に組み立てることができるようになっています。

 そしてナイフというにはあまりにも長いデモリッション・ナイフ。ナイフ言うより折り畳み式の剣ですね。

 設定では本来の姿ではないというアスタロト。

 本当の姿がいつみられるのか、そしてそれがキット化するのかが楽しみです。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック