1/100MG フリーダムガンダム Ver.2.0 レビュー

 皆さんゴールデンウィークは如何お過ごしだったでしょうか?長い方は今日まで休みの場合もあるんですよね、うらやましい。

 自分は一昨日から仕事でした。流石に1週間休みだと休みボケしてました。

 今回は1/100MG フリーダムガンダム Ver.2.0のレビューです。

160508 (1)



160508 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

160508 (3)



 頭部アップ

160508 (4)



 コックピットハッチ

160508 (5)



 ルプスビームライフル

160508 (6)



 対ビームシールド

160508 (13)



 ラケルタビームサーベル、アンビデクストラス・ハルバード

160508 (7)



 クスィフィアスレール砲

160508 (8)



 バラエーナプラズマ収束ビーム砲

160508 (9)



 フルバーストモード

160508 (10)



 ハイマットモード

160508 (11)



 ハイマットフルバーストモード

160508 (12)



 ディスプレイスタンド

160508 (14)



 ポージング

160508 (15)



160508 (16)



160508 (17)



160508 (18)



160508 (19)



160508 (20)



160508 (21)



160508 (22)



160508 (23)



160508 (24)



 10週数年の時を経てフリーダムもついにVer.2.0。

 旧MGと比べてスタイリッシュになり腕関節はスライド伸縮することでより自然な動作化できるようになり、胸部や股関節にもスライド機構が盛り込まれることで作中のポージングを難なく再現できます。

 頭部もアニメに近いものになりました。旧MGのあの顔が嫌いでした。

 ウイングに収納されているバラエーナには新解釈のギミックが盛り込まれています。これ必要だったのかな。

 付属のキラはオーブ軍の制服及びパイロットスーツになっています。SEED版かDestiny版のどちらがいいのかは賛否がありそうですね。

 これを期にジャスティスもMG化してほしいと思います。

 ストライクフリーダムのVer.2.0化が先か。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック