ORIGINAL CHRONICLE 魔法少女リリカルなのはThe1st 第27話

 連休半ば、これをやるのをすっかり忘れてました。曜日感覚が狂いだしてる。

 さぁこちらもやりましょう、ORIGINAL CHRONICLE 魔法少女リリカルなのはThe1st。

 先ずは娘TYPEの表紙。

160502 (1)



 表紙はブレイブウィッチーズ&ストライクウィッチーズ。

 アニメイト特典カード

160502 (2)



 それでは本編の紹介は続きからどぞ。



 フェイトへ送るビデオレターの録画をしているなのはとアリサ、すずか。

160502 (3)



 今回は第27話

 朝稽古を終えた恭也と美由希。

 家に戻る前にポストから新聞をとるとそこにフェイトからの郵便が入っていたことに気付く美由希。

 ユーノとの出会いから始まったジュエルシード事件も終わりを告げてまた少し時間が経ち、魔法に関する事件も起こる事がなくなり平穏な日々を過ごすなのは。

 フェイトとはまだ離れ離れ、すっかり平凡な小学三年生、のはずだったのですが思うところがあって今も魔法の練習を続けています。

 ユーノから指導を受けレイジングハートに頼りすぎないようレイジングハート起動させずに練習中。

 事件以来時空管理局とのお付き合いも続いており、練習中にユーノとエイミィから連絡が入ります。

 間にリンディも入ってきてなのはを管理局に勧誘します。

 今回の通信はフェイトに関する報告で、二度目の公判が終わり判決待ち。

 事件の重大性から実刑の執行を求める声もあったものの管理局提督と執務官が証言者、徹底して無罪申告、最悪でも執行猶予で収まる範囲で進めているようです。

 それと、フェイトからのアレも今日あたり届いているかもの教えられ喜ぶなのは。

 返事を作ったら通信をしてほしいというクロノ。

 本当ならリアルタイムで話をさせてあげたいところ、しかし裁判を受けている人物と管理外世界の人間の直接面会やリアルタイムは禁止されています。

 が、手紙や文章での通信は禁止されておらず、録画した映像をビデオとして送るのは映像記録の技術が現地の技術基準に基づいていれば違法性はないとされています。

 ビデオメールのやり取りだけでもすごくうれしいと答えるなのは。

 ビデオメールは1通目ではなのはの家族や友達にフェイトを紹介したいと伝え、2通目は皆で見られるよう魔法の事や事件の事は内緒にしたディスクとなのはとユーノ用のディクス2枚組になりました。

 自宅に帰ると美由希からフェイトからのビデオメールを受け取りそれを持って登校するなのは。

 アリサとすずかもフェイトからの返事を楽しみにしており、放課後アリサの家で一緒に観ることになりました。

 なのはから送ったビデオメールにはアリサとすずかからの贈り物も送られており、アリサはお気に入りの映画のディスク、すずかからは写真と本をそれぞれ送っていました。

 アリサ宅でDVDを再生すなのはたち。

 フェイトからのビデオメールは挨拶から始まり、忙しいような退屈なような毎日を過ごしている事やアリサから送られた映画の感想やすずかから送られた写真と本ついてのお礼などが収録されていました。

 フェイトの声がとても静かで優しくて悲しいことがあったばかりだけれど笑ってくれて優しい言葉をかけてくれる、それで胸がいっぱいになりいろんなことを思い出したなのはは思わず涙を浮かべるのでした。

 自宅に帰りもう1度フェイトからのビデオメールをみるなのはですが、ビデオメールには続きがあり、続きからはアルフからのメッセージも収録されていました。

 最近では容疑者扱いもだいぶ緩くなり素行もいいためほとんど自由行動とのこと。

 他にもリンディのお茶の飲み方に驚いたことやエイミィが意外と料理上手なこと、クロノの魔法訓練に苦戦している事などが語られていました。

 同じころ不慣れながらもリンディたちと食卓を囲むフェイトとアルフ。

 なのはとエイミィが何か計画をしておりそれ翌日に控えているようです。

 フェイトにって素敵な思い出になるように。

 
 アニメでは描かれていなかった後日談。ドラマCDや小説で描かれたのかな?

 次回ついに最終回!

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック