1/144HGUC グフ レビュー

 熊本ではいまだに地震が続いている現状。先ほど地元でも少し揺れました。

 今回は1/144HGUC グフのレビューです。

160418 (1)



160418 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

160418 (3)



 頭部アップ、モノアイ可動

160418 (4)



 ヒートロッド

160418 (5)



 5連装75㎜機関砲

160418 (6)



 シールド

160418 (7)



 ヒートサーベル

160418 (8)



 ポージング

160418 (9)



160418 (10)



160418 (11)



160418 (12)



160418 (13)



160418 (14)



160418 (15)



160418 (16)



 ファーストガンダムのキットを作るのなんてものすごく久しぶりです。

 ここ数年はSEED系や00系、ビルドファイターズ、鉄血ばかりでした。

 ガンプラEXPOで試作モデルを見てから発売をずっと楽しみでした。

 何をか隠そう、ファーストガンダムで1番好きなのがグフなんです。カスタムなんぞではなく。

 キットは一部グフR35と共通で頭部の口?に当たる部分もアニメに近いものになっています。

 左手の機関砲も初期のHGUCと違い可動でき、シールド保持用ものも付属しています。

 ヒートサーベルは右手用と左手用付属していてグフR35の名残ですね。

 ヒートロッドは軟質素材になっているので自由に曲げられます。

 取説通りに作る際使用しない左手を組み立てればB型再現できそうです。

 来月ギャンがリニューアルされますが、ヴァリュアブルポッドと組み合わせてギャンバルカンを再現出来るんでしょうか?

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック