1/144HGIBO グレイズリッター(カルタ機) レビュー

 そういえばシュヴァルツェスマーケンのブルーレイを見ながら思ったのですが、テオドールがことあるごとに舌打ちしていたのが気になりました。

 今回は1/144HGIBO グレイズリッター(カルタ機)のレビューです。

160327 (1)



160327 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

160327 (3)



 宇宙用

160327 (8)



 頭部アップ、頭部の開閉

160327 (4)



 ナイトブレード

160327 (5)



 ライフル

160327 (6)



 バトルアックス

160327 (7)



 一般機

160327 (9)



160327 (10)



 ポージング

160327 (11)



160327 (19)



160327 (12)



160327 (13)



160327 (14)



160327 (15)



160327 (16)



160327 (17)



160327 (18)



160327 (20)



 グレイズのバリエーションも増えましたね。ちょっと飽きが来るくらい。

 劇中では可哀想になるくらいボコボコにされてましたが。

 やはり目を引くのは新規パーツの肩アーマーや腿の装甲。

 バルバトス第6形態の肩アーマーと付属のグレイズリッター用のパーツを使用することで一般機を再現できます。

 設定では式典に参列するともなっている機体らしく、そんな機体がキット化するというのは珍しいですね。

 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック