1/144HGIBO ガンダムキマリストルーパー レビュー

 鼻がムズムズします。まだ花粉症から解放されません。

 今回は1/144HGIBO ガンダムキマリストルーパーのレビューです。

160316 (1)



160316 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

160316 (3)



 頭部アップ

160316 (4)



 デストロイヤー・ランス、ランス用ハンドパーツ

160316 (5)



 キマリスシールド

160316 (7)



 サブアーム

160316 (8)



 トルーパー形態

160316 (9)



 ランナーレス台座

160316 (10)



 ポージング

160316 (15)



160316 (16)



160316 (17)



160316 (11)



160316 (12)



160316 (13)



160316 (14)



160316 (18)



160316 (19)



 キマリスってあのままじゃ重力下で戦闘できないの?

 装甲ほぼ全改装しなければならないって、その上頭部まで変わってしまうなんて。またしてもガンダム系には見られない顔ですね。

 騎乗兵やケンタウロスを思わせるトルーパー形態はなんというか4脚?と言っていいのか。ホバーしてましたし。

 キマリス時のグングニールよりもさらに大型化したランス。なんだかランスというよりバルバトスのメイスみたいに殴る方が似合ってそうですし、盾にもなりそうな感じ。

 サブアームは名の通りサブアームですね。グシオンリベイグは思いっ切り腕でしたから逆にサブアームらしいものになっています。

 リアスカートが大型化もあってかパッと見でGルシファーを連想しました。

 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック