1/100IBO シュヴァルベグレイズ(マクギリス機) レビュー

 今日は節分です。南南東を向いて恵方巻きを食べました。

 今回は1/100IBO シュヴァルベグレイズ(マクギリス機)のレビューです。

160203 (2)



160203 (3)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

160203 (4)



 グレイズフレーム

160203 (1)



 頭部アップ

160203 (5)



 ライフル

160203 (6)



 ショートライフル

160203 (7)



 バトルアックス

160203 (8)



 ワイヤークロー

160203 (9)



 ガンダムバルバトス(第3形態)

160203 (18)



 ポージング

160203 (10)



160203 (11)



160203 (12)



160203 (13)



160203 (14)



160203 (15)



160203 (16)



160203 (17)



160203 (19)



 1/100のシュヴァルベグレイズ。

 グレイズフレームは一般機とほぼ同じでフライトユニット等シュヴァルベグレイズの特徴は新規パーツになっています。

 頭部の開閉は1/144似は無かったギミックも追加されています。

 他にも続々と1/100のラインナップ化が決定している中、出番も活躍も少なっただけに1/100でのキット化が必要だったかが疑問。

 どうせなら百里を1/100にしてくれたらいいのに。

 HGもそうでしたが、ガエリオ機はプレミアムバンダイでキット化するのでしょうか。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック