ORIGINAL CHRONICLE 魔法少女リリカルなのはThe1st 第25話(前編)

 気が付けばあっという間に1月が過ぎ2月になりました。

 さぁ今回もやりましょう、ORIGINAL CHRONICLE 魔法少女リリカルなのはThe1st。

 先ずは娘TYPEの表紙。

160201 (1)



 表紙はGATE 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり。

 それでは本編の紹介は続きからどぞ。



160201 (2)



 今回は第25話(前編)

 プレシアの元にたどり着いたクロノ。

 クロノはプレシアに魔法でも過去は変えられない事を訴え、自身の勝手な悲しみに無関係の人間を巻き込む権利はないと説きます。

 そこへフェイトとアルフも駆け付けますが、フェイトを撥ね付けるプレシア。

 フェイトは自分がアリシアではない、失敗作の偽物かもしれない、けれど生み出してもらい育ててもらったプレシアの娘だと、プレシアに笑って幸せになってほしいという気持ちは本物だと訴えます。

 それでもなおフェイトを娘とは思わないプレシア。

 それでもプレシアが望むなら世界中の誰からもそんな出来事からでも守る、フェイトがプレシアの娘だからではなくプレシアがフェイトのお母さんだから。

 しかしそれを受け入れず、庭園を崩壊させ始めるプレシア。

 エイミィから全員に戻るよう通信が入ります。

 最後までフェイトが嫌いだと告げたプレシアは、アリシアの亡骸とともに崩れゆく庭園に落ちてゆきました。


 前編となっていましたからね、すごく短かったです。

 まぁよくあることなので恐らく原稿が間に合わなかったのではないでしょうか。

 時の庭園での戦いも一段落しました。

 後始末も含めてあと数話で終わりそうですね。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック