ORIGINAL CHRONICLE 魔法少女リリカルなのはThe1st 第24話

 今日で仕事納めです。午前中職場の大掃除をしました。

 さぁこちらも今年最後ですORIGINAL CHRONICLE 魔法少女リリカルなのはThe1st。

 先ずは娘TYPEの表紙。

151228 (4)



 表紙はうたわれるもの偽りの仮面、付録はうたわれるもの偽りの仮面B2ポスター。

 それでは本編の紹介は続きからどぞ。



 時の庭園に突入したなのはたち。

151228 (5)



 今回は第24話

 フェイトの傍についていたアルフですがなのはたちが時の庭園に突入したのを見て自身も手伝うために庭園に向かいました。

 虚ろな状態なフェイトはプレシアから告げらた事実を聞いてもまだ自分がプレシアにすがりついていることに気付きます。

 そしてずっとそばにいてくれたアルフやなのはが何度も教えてくれた事の大切さに気付いたフェイト。

 起き上がったフェイトは破損したバルディッシュを手に取り自分の全てはまだ始まってないのかを問います。

 それに答えるかのようにアックスフォームとなるバルディッシュ。

 バルディッシュもずっとそばにいてくれた、このまま終われない。

 フェイトはバルディッシュを自己修復し、ジャケットをまといいままでの自分を終わらせるため時の庭園に向かうのでした。

 そのころなのはたちは複数のガーディアンを相手に苦戦を強いられていました。

 数を相手にしていたなのはの背後からガーディアンの攻撃が迫ります。

 それを迎撃したのは駆け付けたフェイトでした。

 そこへ大型のガーディアンが現れますがなのはとフェイトは協力して撃退するのでした。

 クロノが迫っていることに気付きながら次元震が起こるのを待つプレシア。

 しかし次元震はリンディの寄って抑えられてしまいます。

 リンディはプレシアにアルハザードが存在している可能性の低さを説きますが、プレシアは頑なにアルハザードを求めアリシアとの過去を取り戻すことに固執するのでした。

 コアの入手したなのはとユーノは動力炉に向かい、フェイトとアルフはプレシアの元へ向かいます。

 そしてクロノがついにプレシアのもとにたどり着くのでした。

 
 時の庭園での激戦も終盤に。

 ストーリもクライマックスが迫っていますね。来年の春から初夏ぐらいには完結するのではないでしょうか。

 Force、来年には再開できると良いですね。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック