ORIGINAL CHRONICLE 魔法少女リリカルなのはThe1st 第23話

 ついに12月になりました、今年もあと1ヶ月。

 さぁこちらもやりましょう、ORIGINAL CHRONICLE 魔法少女リリカルなのはThe1st。

 先ずは娘TYPEの表紙。

151201 (1)



 表紙はヴァルキリードライヴマーメイド。

 それでは本編の紹介は続きからどぞ。



 プレシアの攻撃によって負傷したフェイト。

151201 (2)



 今回は第23話

 アースラでは武装局員による時の庭園への突入が始まりました。

 応急処置を受け拘束されアースラに連行されたフェイト。

 プレシアが逮捕されるところを見せまいと念話でなのはにフェイトを別の部屋に連れて行くよう指示するリンディ。

 フェイトを促そうとするなのはですが、フェイトはモニターを見たまま動きません。

 時の庭園ではプレシアが管理局員により包囲され、一部の局員が奥へ進みます。

 そこで水槽に浮かぶアリシアの亡骸をが発見されます。

 駆け込んできたプレシアによって局員たちが薙ぎ払われ突入した局員たちを送還させるリンディ。

 アリシアの亡骸を前についにフェイトの真実を語るプレシア。

 引き継ぐ形でプレシアの過去の事件のことを語るエイミィ。

 そしてプレシアはフェイトに対する嫌悪をはっきりと口にし、それを聞いたフェイトの心が折れてしまいます。

 そしてプレシアは真の目的、アルハザードへ旅立つためジュエルシード9個を発動させ次元震を発生させます。

 忘却の都アルハザード。禁断の秘術が眠るとされる土地。

 足りない出力を庭園の駆動炉を暴走させて補おうとします。

 プレシア逮捕のためなのは、ユーノ、クロノの3人が庭園に向かいます。

 次元震の進行を抑えるためリンディも現にへ向かう決断をします。

 庭園に突入したなのはたちの前にガーディアンの群れが立ちはだかります。

 鮮やかな手際でガーディアンを撃破していくクロノ。

 ある程度進んでからなのはとユーノは動力炉を封印するため、クロノはプレシアを止めるために二手に分かれます。

 自身の出生を知ってしまったフェイトは意識を失ったままでした。

 
 The 1stもいよいよ最終局面。

 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック