1/144HGIBO ガンダムバルバトス レビュー

 ガンダムの新作「鉄血のオルフェンズ」の放送が始まりました。

 舞台が火星ということでAGEと反対になったような感じですね。

 今回は1/144HGIBO ガンダムバルバトスのレビューです。

151004 (1)



151004 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 第1形態

151004 (3)



 第4形態

151004 (4)



 頭部アップ

151004 (5)



 メイス

151004 (6)



 太刀

151004 (7)



 武器のマウント

151004 (8)



 バックパックの展開と可動

151004 (9)



151004 (10)



 ガントレット

151004 (11)



 初回限定同梱ガンダムトライエイジカード

151004 (12)



 ポージング

151004 (13)



151004 (14)



151004 (15)



151004 (16)



151004 (17)



151004 (18)



151004 (19)



151004 (20)



 鉄血のオルフェンズHGシリーズ第1弾の皮切。

 HGではフレームは露出している部分のみ再現されています。以降発売される1/100のように内部全体は再現されていません。

 キットでは第1形態と肩部装甲を追加した第4形態を再現できます。

 左腕部はコンパチブルではなくちゃんと2種類の腕が用意されていて差し替えで再現されます。

 他のガンダムでは類を見ない鈍器のような槍、といっていいのか特徴的な武器を装備しています。

 太刀はマブラブオルタネイティヴの戦術機が装備している長刀に似ています。

 始めて見たときアストレイに似ていると思いました。

 太刀を装備したり、他から流用したりするところは近しい感じがします。

 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック