魔法少女リリカルなのはViVid Memory;76☆「憑髪」

 月末のラッシュ遅くなりました。

 さぁ今回もやりましょう、魔法少女リリカルなのはViVid。

 先ずはコンプエースの表紙と付録

150830 4 (1)



150830 4 (2)



 表紙は東方玲奈庵、付録は特別小冊子コンプエーススイムウェアブックス2015。

 それでは本編の紹介は続きからどぞ。



150830 4 (3)



 第76話のサブタイトルは「憑髪」

 小さいころから武術が好きだったタオ。

 物心つく前から近所の道場を見に行き、1日中眺めていました。

 そんなある日足を滑らせて石段から落下したことがありましたが、かすり傷さえ負うことなく全くの無傷でした。

 きのこ採りの帰りに崖に落ちそうになった時も髪が助けてくれたおかげでタオは怪我をしませんでした。

 勝手に動く髪が少し怖くも助けてくれていたことには感謝しており、髪に「お願い」すれば自由に動いてくれくれることがわかっても少しだけ怖さが残るタオ。

 武術を始めてからは特に「動く髪」のことは忘れようとしていました。

 アイリンと出会ったのはその頃でした。

 華凰拳の跡取り娘だったアイリンは幼い頃から強く、しかしちゃんと手加減してくれていたおかげで楽しい練習ができていたタオ。

 事件が起きたのはアイリンと三度目の手合わせの時でした。

 ちょっと本気での手合わせでアイリンの凄さを感じ取るタオ。

 アイリンのあまりの拳の冴えに「怖い」と感じてしまったタオ。

 それに反応した髪が今まで何度もそうしていたように目の前の「驚異」を排除しようとしました。

 髪による攻撃をずるだと非難するアイリンは周りの静止を振り払ってタオに向かっていきますが、タオの髪が呼応しました。

 その日のうちにタオは道場への立ち入りを禁止されました。

 賓客であったアイリンや騒ぎを聞いて駆け付けた大人たちに怪我を負わせたこと、素性の知れない「技」を使って道場の武を穢したこと、髪はタオを守ってくれている、しかしタオから大好きなものを遠ざける呪いだと思うようになりました。

 正気に戻ったタオの目に入ったのはタオの髪によって攻撃を受けたコロナでした。

 再び立ち上がるコロナにもう止めましょうと促すタオ。しかしコロナはまだ続ける意思を示します。

 タオはコロナに武術家なのにこんな武器を使っていることを卑怯だと思うかを問います。コロナは応用範囲の広いいい技だと思うと答えます。

 逆にコロナはタオに自分の髪が嫌いなのかと問い返します。タオはこの憑髪のせいで人を傷つけてしまうから武術が出来ないと答えます。

 それを聞いたコロナはタオと近い悩みを持った格闘技の世界チャンピオンがいるので話をお聞いてみることをすすめます。

 そしてコロナはタオの髪をそんなに「卑怯」でもないと言い、さらに攻略法も思いついたと言います。

 この試合にコロナが勝てたら、少なくともタオの髪は「卑怯」ではない、それについてはシュエも賛同します。

 コロナはノーヴェ達が自分をタオの試合相手に選んだ理由を自分が一番タオと相性がいいからと考えました。

 コロナが見抜いたタオの髪の弱点その1。

 「根元から伸びる武器」だから距離をとれば見切りやすい。

 弱点その2。

 長く伸びる分バインドでとらえやすいし、鋭さと速度が命の武器だから岩や氷で覆えば移植は半減する。

 弱点その3。

 髪に操られているときのタオ自身はほぼ無防備。

 バインドで髪を封じマイストアームで召喚した拳で繰り出された「ナックルブレイク」がタオに直撃。

 タオが気絶したため髪も止まりました。

 タオの髪は憑依や呪いといったオカルトではなくタオ自身が使っている操作系魔法だというリンナ。

 操作系魔法は複雑だから魔力リソースの負荷が大きくいきなり高負荷で使うと立ちくらみみたいに意識が飛ぶ事があるそうです。

 それらを説明し終えたところでシュエはリンナの変装気気付きます。

 リンナは以前からタオに教えていましたが、防御本能に根ざした行動を変えるのは簡単じゃないうえに、タオ自身があの髪に人格や意志みたいなものを作り出している節がる、昔の道場でアイリンに怪我がトラウマにのなっていたり、「どうすればいいか」はタオ自身が決めるしかない。

 自分たちに出来るのはちょっとしたきっかけを用意してあげることだけ。

 気が付いたタオに一撃入れた事を告げるコロナ。

 タオは春光拳道場に来た時のことを思い出します。

 レイは事情を知ったうえでしばらく家事の手伝いをしながらゆっくり考えるといいと春光拳道場への滞在を許可します。

 そして同じころアイリンから事情を知らずに卑怯といったことを謝罪されまた戦えることを信じているので武術を捨てないでほしい、ずっと待っているからと拳を合わせます、

 タオは自身の髪と向き合い受け入れもう逃げないと立ち上がります。

 そのときタオの髪の色が変化するのでした。


 次回は迷いを断ち切ったタオの真の実力発揮されるのでしょう。

 そういえばアニメの第2期はいつやるんでしょうか。

 そしてブルーレイはいつになるんだろう。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック