1/144HG ガンダム G-セルフ(パーフェクトパック装備型) レビュー

 前記事に続いてガンプラレビューです。

 今回は1/144HG ガンダム G-セルフ(パーフェクトパック装備型)のレビューです。

150830 2 (1)



150830 2 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

150830 2 (22)



 頭部アップ

150830 2 (3)



 ビームライフル(トワサンガ製)

150830 2 (4)



 フォトン装甲シールド

150830 2 (5)



 ビームサーベル

150830 2 (6)



 リフレクターモード

150830 2 (7)



150830 2 (8)



 アサルトモード

150830 2 (9)



 トラフィック・フィン

150830 2 (10)



 全方位レーザー

150830 2 (11)



 交換ハンドパーツ

150830 2 (12)



 ポージング

150830 2 (13)



150830 2 (14)



150830 2 (15)



150830 2 (16)



150830 2 (17)



150830 2 (18)



150830 2 (19)



150830 2 (20)



150830 2 (21)



 物語後半で登場したこれまで装備したバックパックの全ての性能を兼ね備えたパーフェクトパックを装備したG-セルフ。

 G-セルフ本体はほぼそのままですが、肩アーマーとサイドスカートアーマーが新規パーツになっています。

 全方位レーザーのユニットはアームが多関節になっているので自由度の高いポージングがとれます。

 取説を読む前はトリッキーと高トルクの要素はどこにあるんだろうとか思ってましたが、トリッキーの要素はちゃんとありました。

 恐らくこれがGレコの最後のラインナップになるのでしょうね。

 プレミアムバンダイではリフレクターパック装備の受注が行われましたが、トリッキーと高トルクはもう望み薄でしょうか。

 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック