1/144HGCE フリーダムガンダム レビュー

 8月もあと1日。真夏の暑さも少しずつ和らいできました。

 今回は1/144HGCE フリーダムガンダムのレビューです。

150830 1 (1)



150830 1 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

150830 1 (3)



 頭部アップ、選択シール

150830 1 (4)



 ルプスビームライフル

150830 1 (5)



 ラミネートアンチビームシールド

150830 1 (6)



 ラケルタビームサーベル/アンビテクストラル・ハルバート

150830 1 (7)



 クスィフィアスレール砲

150830 1 (8)



 バラエーナ・プラズマ収束ビーム砲

150830 1 (9)



 ハイマットモード

150830 1 (10)



 フルバーストモード

150830 1 (12)



 ハイマットフルバーストモード

150830 1 (11)



 ポージング

150830 1 (13)



150830 1 (14)



150830 1 (15)



150830 1 (16)



150830 1 (17)



150830 1 (18)



150830 1 (19)



150830 1 (21)



150830 1 (22)



150830 1 (23)



150830 1 (24)



 1週間病気で寝込んでて大幅に遅れました。

 ガンプラ35周年の期にリニューアルしたHGシリーズ。

 そして旧HGSEEDシリーズから大幅なバージョンアップをしてHGシリーズでラインナップ。

 旧HGでは出来なかったビームサーベルの連結や、なんといってもハイマットモードでバラエーナ・プラズマ収束ビーム砲が展開出来るようになったのが嬉しいです。

 可動範囲も現在のHGの基準によって旧HGとは比べられないほどです。

 また新たな試みとしてツインアイのシールが選択式になっています。

 通常通りツインアイのシールを張る場合とツインアイのパーツがクリアパーツになっているため、それを活かすためクリアパーツの下にシルバーのシールを貼る場合の2種類です。

 ためしにクリアパーツを活かす方を選択しましたが、これは失敗なのではないかと思います。

 ジャスティスのキット化も期待したいところですね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック