Blu-ray SHIROBAKO8巻初回生産限定版

 1週間ぶりに出勤。仕事は普通にこなしたのですが、仕事を終えて帰るときには足首と腰が痛くなりました。

 Blu-ray SHIROBAKO8巻初回生産限定版を取りにってきました。

150826 (1)



150826 (2)



 初回生産限定版特典武蔵野アニメーション社用車プルバックカー

150826 (3)



150826 (4)



 他8巻にはブックレットが付属。

 メーカー特典複製原画

150826 (5)



150826 (6)



 アニメイト特典お道具箱風全巻収納BOX

150826 (8)



150826 (7)



 8巻には22話から最終話まで収録。

 三女最終回に向けてのラストスパート、まさかの最終話ボツに木下監督がついに立つ、各地へ納品、そして打ち上げ。

 この巻ではまずこれが言いたい。

 ずかちゃん、本当によかったね!

 一人だけ三女に関わることがなかったところに追加キャラクター役に抜擢され、アフレコ現場に現れたずかちゃんを見て涙を流すおいちゃんを見て自分がもらい泣き。

 最終話で各地に納品に向かう際、おいちゃんが広島に向かっていたのでおいちゃんが広島に来た!とテンションが上がりました。

 最後の打ち上げも上手い具合にまとめられていていい最終回だったと思いました。

 SHIROBAKOをどうして面白いと思ったのかと考えてみると、単純にアニメの制作の手順や流れを知ることができたからというのもありますが、それを面白いと感じることができたのは自分が社会人として仕事に就いて働いているからだと思いました。

 なかなかおいちゃんのようにはいきませんが、おいちゃんやずかちゃんには励まされました。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック