魔法少女リリカルなのはViVid Memory;75☆「タオ・ライカク」

 7月の最終週となりました。

 さぁ今回もやりましょう魔法少女リリカルなのはViVid。

 先ずはコンプエースの表紙と付録。

150727 (1)



150727 (2)



 表紙はプリズマ☆イリアドライ、付録はプリズマ☆イリア特別小冊子。

 それでは本編の初回は続きからどぞ。



 三岩窟「心」ルート暗星行路でそれぞれはぐれてしまったコロナたち。

150727 (3)



 第75話のサブタイトルは「タオ・ライカク」

 はぐれてしまったコロナとシュエを探すため自身の髪を使うタオ。

 それを離れたところで見ているオットーとリンナ。

 今回の試練でタオを同行させたのはタオが自身の「能力」を嫌っているためそれを何とかさせたいがためでした。

 そして試練を与えるためリンナも変装をして3人の元へ向かいます。

 コロナたちは暗星行路の出口に到着。そこでようやくオットーがいないことに気付きます。

 くまなく探したというタオにコロナとシュエはどうやって探したのかを尋ねますが、言葉を濁し再び洞窟内に探しに行ってしまうタオ。

 タオの挙動を不思議に思うコロナたち。

 シュエの話では、タオは以前別の武術道場にいたのですが何かの事情でレイが預かることになったのでした。

 その時暗星行路に向かったタオが吹き飛ばされて戻ってきます。

 暗星行路の中から出てきたのは変装したリンナでした。

 リンナは素早くシュエを縛ると、コロナとタオが戦いリンナが満足いく試合をすることを試練としました。

 リンナは2人の防護装備のセットを与え、さらにタオに手を抜かないよう釘を刺します。

 コロナはタオの実力を懸念しますが、リンナはコロナよりも強いかもしれないと訊くとやる気になります。

 コロナはブランゼルを戻し構えを取り、試合開始。

 果敢に攻めるコロナの攻めをカウンターで返そうとするタオですが、フェイントを混ぜてきたコロナ。

 しかし、コロナのカウンターは決まらず、全身を鞭よりも細い何かで打たれた感覚を味わうコロナ。

 すると2つのお団子でまとめられていたタオの髪がほどけて意志を持つかのように動いています。

 コロナの些細な動きもの反応して反撃してくるタオの髪。

 近づかないでと訴えるタオですがコロナはブランゼルをだしマイストアームを召喚します。

 しかし縦横無尽に襲い掛かってくるタオの髪はコロナとマイストアームの動きを封じ螺旋状に束ねた髪による強烈なコロナを襲うのでした。

 タオの能力は髪を武器化する「憑髪(ツキガミ)」と呼んでいるもので、タオは生まれつき持っていた「呪い」だと思っているとリンナは語ります。

 タオはコロナに駆け寄ろうとしますが、コロナはそれを試合中だからと止めます。

 コロナはまだ続ける気満々です。

 
 まぁ何かあるんだろうと思われたタオの意外な能力と実力。

 意外と長く続く三岩窟編。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック