1/144HGBF ライトニングZガンダム レビュー

 映画HEROを見に行ってきました。邦画を観たのはいつ以来だろう。

 交通事故の捜査のために大使館に挑むって流石ですよね久利生検事。

 今回1/144HGBF ライトニングZガンダムのレビューです。

150720 2 (1)



150720 2 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

150720 2 (3)



 頭部アップ

150720 2 (4)



 ビームライフル

150720 2 (5)



 シールド

150720 2 (6)



 キャノン形態

150720 2 (7)



 ビームブレード

150720 2 (8)



 フェニックスバースト発射形態

150720 2 (9)



 ポージング

150720 2 (10)



150720 2 (11)



150720 2 (12)



150720 2 (13)



150720 2 (14)



150720 2 (15)



150720 2 (19)



150720 2 (16)



150720 2 (17)



150720 2 (18)



 続々と最終回に登場したガンプラがラインナップされています。正直最終回のぽっと出なんてキット化しないと思っていたのに。

 劇中では製品版とスタイルが違いほぼフルスクラッチという設定を製品として作る現実。

 パッと見たときは知る人ぞ知る藤田一巳版 Zガンダムを連想しました。

 変形しない分スタイルやバランスはしっかりしていますが、可動範囲は意外と狭めです。

 カミキバーニングのキット化も決まり、後はすーぽーふみななのですが、ガンプラでのラインアップはあるのでしょうか。

 ガンプラではなくアーマーガールズプロジェクトとかならありそうですけど。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック