1/144HGBF ディナイアルガンダム レビュー

 5月もあと1週間。じょじょに暑さが増してきている気がします。

 今回は1/144HGBF ディナイアルガンダムのレビューです。

150524 (1)



150524 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

150524 (3)



 頭部アップ

150524 (4)



 交換ハンドパーツ

150524 (5)



 ビームソード

150524 (11)



 粒子帯

150524 (6)



 バーニングバーストエフェクト

150524 (7)



150524 (8)



 炎エフェクト

150524 (9)



150524 (10)



 ポージング

150524 (12)



150524 (13)



150524 (14)



150524 (15)



150524 (16)



150524 (17)



150524 (18)



150524 (19)



150524 (20)



 トライバーニングガンダム同様格闘戦主体なので武器がないかと思いきや腕にビームソードありだったのをきたねえぇとか思いながら見ていました。

 関節の一部と炎エフェクトがビルドバーニング、トライバーニングと共通です。

 劇中にはなかったプラモオリジナルのエフェクトが付属し、バーニングと共通のエフェクト共々ラメが入っていてこちらの方が粒子っぽいですね。

 ちょっと気になったのが腕が思ったほど大きく広げられなかったり、腿が太目でスカートアーマーと思ったより干渉したりと格闘戦主体のガンプラなのにポージングをとらせにくいところがあったりします。

 プレミアムバンダイにてディナイアルに新規パーツを加えた原型機カデトラルガンダムの受注が始まっています。

 勿論予約しました。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック