1/144HGBF クロスボーンガンダムX1フルクロス TYPE.GBFT レビュー

 もう3月から色々と開けられてなくて積まれてきています。

 GWを使って一気に消化する予定です。

 今回は1/144HGBF クロスボーンガンダムX1フルクロス TYPE.GBFTのレビューです。

150430 2 (1)



150430 2 (2)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

150430 2 (3)



 頭部アップ、股間フェイス

150430 2 (4)



 フルクロス脱着状態

150430 2 (5)



 ザンバスター

150430 2 (6)



 バスターガン

150430 2 (7)



 ビームザンバー

150430 2 (8)



 ムラマサブラスター/ビームガン

150430 2 (9)



 ピーコックスマッシャー

150430 2 (10)



 ブランドマーカー/ビームシールド

150430 2 (11)



 スカルヘッド

150430 2 (12)



 ビームサーベル

150430 2 (14)



 スラスターの差し替え

150430 2 (16)



 コアファイター

150430 2 (15)



 ポージング

150430 2 (17)



150430 2 (18)



150430 2 (19)



150430 2 (20)



150430 2 (21)



150430 2 (22)



150430 2 (23)



150430 2 (24)



 外見は通常のフルクロスと同じ仕様。

 作中のイメージに合わせて白いパーツはパールカラーになっています。これが通常の白になれば鋼鉄の7人版キットとして出せそうです。

 フルクロスを外し組み立てでは使わない首元のパーツと交換すればX1改に近い状態にできますが、胸部の取り付け穴」が隠せないので若干不格好です。

 豊富な武装も一通りそろっていますし、ムラマサブラスターとピーコックスマッシャーが新規で付属。

 ピーコックスマッシャーは展開状態で固定されているため収納形態にはできません。

 劇中で意外な活躍をしたコアファイターも差し替えで再現されています。

 クロスボーンガンダム魔王同様ビルドファイターズ仕様でなければ作ることはなかったキットですね。クロスボーンガンダムシリーズはあまり好きではないですから。

 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック