魔法少女リリカルなのはViVid Memory;72☆「鍛練課題!」

 前記事に続きます。

 さぁやりましょう、魔法少女リリカルなのはViVId。

 先ずはコンプエースの表紙と付録。

150427 (3)



150427 (4)



 表紙は魔法少女リリカルなのはViVid、付録は魔法少女リリカルなのはViVid特製ストラップ。

 それでは本編の紹介は続きからどぞ。



150427 (5)



 第72話のサブタイトルは「鍛練課題!」

 三岩窟「心」ルートを進むコロナたちの前に立ちはだかる液状のゴーレム。

 コロナは新型創生「マイストアーム ヴァンガードシフト」を創生します。

 巨大な腕から放たれる「ロックカノン」でゴーレムを迎撃します。

 同時刻、三岩窟「力」ルートでアインハルトたちに立ちはだかるゴーレム。

 リオの「双竜砕」とアインハルトの「空破断・改(仮)」の連携でゴーレムを撃破します。

 それらの様子を外で見ているノーヴェたち。

 ゴーレムを操作しているのはリンナで、操作自体は簡単で簡単な命令で動くように作られていました。

 ノーヴェから事前に聞いていたヴィヴィオたちのの得意なことと苦手なことに合わせた鍛練メニュー、それを体感してもらうのが三岩窟の試練。

 得意技でテンションを上げた後は、苦手な項目にチャレンジしてもらおうと不敵な笑みを浮かべるノーヴェとリンナ。

 同時刻、三岩窟「技」ルートではヴィヴィオとミウラがゴーレムを相手に苦戦中。

 「技」ルートやりずらいようなスタイルに設定されており、ヴィヴィオとミウラが似ていることを指摘するリンナ。

 自分の得意なステージでは爆発力があるけれど欠点と苦手が「わかりやすすぎる」という点。

 ヴィヴィオは打撃格闘(ストライカー)としてのスタイルがキレイすぎて泥臭いゴリ押しに弱く、ミウラは接近戦での細かい間合い作りが苦手。

 ミウラの師匠であるヴィータやザフィーラは基礎を教えて特技を延ばすのが第一、しかしこういった「苦手」を克服しなければ公式戦では勝ち残ってはいけない

 それぞれの「苦手」の認識とそれを克服する方法、そして試練を乗り越えたという経験と自信、それこそが今回の探検の「お宝」。

 そんな話をしているところに華凰拳のアイリンと執事のクレアがやってきます。

 話を聞いていたアイリンは自らリンナの企画に協力を申し出ます。

 リンナはそれそれが誰の相手をするかを決めようとすると、アイリンはヴィヴィオとミウラを指名します。

 ミカヤの相手はクレア担当しノーヴェはアインハルトとリオ、リンナはコロナたちをそれぞれ担当することになりました。

 タオがいる「心」ルートへ向かうことになったリンナにアイリンはタオにはお手柔らかにと口添えします。

 レイがタオを同行させたのは何かの意図があるようです。

 三岩窟に入る前にリンナはノーヴェを変装させようとします。で落ちでバレないように。

 ノーヴェは全力で断りますが問答無用で変身メイクを施すリンナ。

 変身を完了したノーヴェは見違えるほどに女性らしい姿となりました。見た感じはティアナと似ていてチャイナ風ドレスに着替えています。

 そしてルーフェン武術の技と心を見せるため三岩窟へ向かうのでした。

 長所を伸ばすことろが多かったヴィヴィオたちの特訓に苦手の克服が加わってきました。

 次回はコーチたちの指南を受けることになりそうですね。

 さて、遂にアニメの放送が始まり早くも3話までで単行本1巻までやってしまいました。微細な所で原作とはちょっと違ったところがあってみていてここ違うなとかあそこ切られてるなとか思いながら毎週楽しみに見ています。

 4話から訓練合宿直前の話のようです。

 OPを見る限りではインターミドルまではやりそうですが、長く見ても2クール。

 無限書庫での散策とその後のヴィヴィオとアインハルトととの一騎打ちぐらいまでですかね。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック