BB戦士No.398 ライトニングガンダム レビュー

 つい最近うるし原さんのブログを見ようと思って検索したら、うるし原さんがキャラクターデザインをしたラングリッサーの新作が3DSで出るという情報を得て早速HPを見てみたら衝撃的なことになっていました。

 何とキャデザがうるし原さんじゃない!あれをラングリッサーとして出すのか。

 初代のリメイクでキャラデザがうるし原さんだったら間違いなく買うところなのですが、ナシです。

 今回はBB戦士No.398 ライトニングガンダムのレビューです。

150412 (2)



150412 (3)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

150412 (4)



 頭部アップ

150412 (5)



 選択シール

150412 (1)



 ライトニングバックウェポン未装備

150412 (6)



 アーマーの脱着

150412 (7)



 ビームライフル

150412 (8)



 シールド

150412 (9)



 ライトニングバックウェポンシステム

150412 (10)



 飛行形態

150412 (11)



 ウイニングランチャー

150412 (14)



 オリジナル武器

150412 (15)



 ポージング

150412 (16)



150412 (17)



150412 (18)



150412 (12)



150412 (13)



150412 (19)



150412 (20)



150412 (21)



150412 (22)



150412 (23)



 パッケージイラストや写真は瞳ありなのにあえて瞳無しの方で作りました。ビルドバーニングもそうしましたし。

 ただウイニングと並べることを考えたらどちらも瞳ありにしておけばよかったかもと思っています。

 ライトニングバックウェポンが付いた状態でのキット化ですが、飛行形態に無理があるようにしか見えません。バックウェポンはミサイルランチャー仕様でビームキャノンは付属していないため交換できません。

 ライフルはロングバレルは付属せず、シールドもライトニングバックウェポンの機首と一体になっています。

 ウイニングランチャーは再現することができます。

 なんといいますか、SDガンダム特有の圧縮と凝縮が色濃く出た感じになってしまいましたね。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック