SDBF S×D×Gガンダム レビュー

 花粉が辛いです。

 今回はSDBF S×D×Gガンダムのレビューです。

150315 (2)



150315 (3)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 スナイバルガンダム

150315 (4)



 ドラゴナーゲルガンダム

150315 (5)



 ギラカノンガンダム

150315 (6)



 頭部アップ、表情交換

150315 (7)



 選択シール

150315 (1)



 スパイク

150315 (8)



 シールド

150315 (9)



 クロー

150315 (10)



 ライフル

150315 (11)



 スナイバル・ドラゴ・ギラ

150315 (20)



 ポージング

150315 (12)



150315 (13)



150315 (14)



150315 (15)



150315 (16)



150315 (17)



150315 (18)



150315 (19)



150315 (25)



150315 (22)



150315 (23)



150315 (24)



 EZ-SR同様1つで3パターンのキットを組めるコンパチブルキット。

 基本的には同じ素体で、武器と胸部が異なります。

 目のシールが複数あるのに対して目のパーツが2つ付属しているため多彩表情を再現できます。何故レジェンドBBでこれができない。

 腕の形状が独特なので拳が固定されています。

 アニメでもド肝を抜いた3体が合体したスナイバル・ドラゴ・ギラも3個買えば再現することができます。

 ならば最初から3個入りで発売してくれたらいいのにと思うのですが。 

 合体するのに武器も3個ずつ必要になるため残るのは胸部のパーツぐらいのものです。

 合体するSDガンダム事態はそれほど珍しくはないですが、同じ素体での合体は滅多になかったですね。

 一番近くて武者番長風雲録の黒龍頑駄無と白凰頑駄無、赤獅子頑駄無と青狼頑駄無の合体でしょうか。

 こういったプレバリューを楽しめるのがSDガンダムのいいところですね。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック