1/144HGBF ガンダムポータント&HGBC ポータントフライヤー レビュー

 久々の2連休もあってようやく氷菓のBD BOXも全話見れましたし、作りかけだったMGのガンプラも組み立てられました。

 今回は1/144HGBF ガンダムポータントのレビューです。

150308 1(1)



150308 1(2)



150308 1(3)



150308 1(4)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

150308 1(5)



 頭部アップ

150308 1(6)



 GNスマッシュライフル

150308 1(7)



 GNピアスソード

150308 1(8)



 ビームサーベル

150308 1(9)



 ディスプレイスタンド

150308 1(10)



 交換ハンドパーツ

150308 1(14)



 ポータントフライヤー

150308 1(11)



 ブレードタイプ

150308 1(12)



 翼タイプ

150308 1(13)



 ポージング

150308 1(15)



150308 1(16)



150308 1(24)



150308 1(17)



150308 1(18)



150308 1(19)



150308 1(20)



150308 1(21)



150308 1(22)



150308 1(23)



 00のガンダム系MSがベースとなったガンプラとい設定ですが。

 1番経常的に近いのは劇場版の最後に出てきたサキブレでしょうか?頭部はガンダムMk-Ⅳに似ていると思います。

 良く言えば妖精っぽく、悪く言えば虫っぽく見えます。

 腕のウイングが可動させるとき干渉してしまうのが若干難点ですが、細身のスタイル割に良く動かせます。

 ポータントのウイングと同形状のウイングパーツを使用したポータントフライヤーですが、これってアニメに登場するんでしょうかとキットを作りながら思いました。

 ウイング以外の共通パーツは後部のコンテナぐらいのもので、ポータントのドコがどうなったらフライヤーになるのか疑問です。

 しかしアメイジングブースターのように登城しないだろうと思っていたブースター系も登場したりしていますし、後から出たじゃんとか思って買うのが嫌なので購入しました。

 あまりビルドカスタムで遊んでいないためかいざ組み合わせてみようと思っても簡単なのしか思いつかない発想力の乏しさ。

 本編でフライヤーのウイングパーツが使われたらこんな感じかなぐらいのものです。

 オリジナル路線が強すぎてベースになったガンプラが分からなくなってきているのが残念です。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック