SDBF スターウイニングガンダム レビュー

 3月になりました。今月も非常に懐がピンチ。

 今回はSDBF スターウイニングガンダムのレビューです。

150301 (2)



150301 (3)



 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

150301 (4)



 頭部アップ

150301 (5)



 選択シール

150301 (1)



 マシンガン

150301 (6)



 ビームマシンガン

150301 (7)



 メガブレード

150301 (8)



 スタークロス

150301 (9)



 コアファイター

150301 (14)



 コアブースター

150301 (15)



 メガコアブースター

150301 (16)



 リアル形態

150301 (19)



 頭部アップ

150301 (20)



 ポージング

150301 (10)



150301 (11)



150301 (12)



150301 (18)



150301 (21)



150301 (22)



150301 (23)



150301 (24)



150301 (13)



150301 (17)



150301 (25)



150301 (26)



 チームトライファイターズ新ガンプラのトリを飾ったスターウイニングガンダム。

 17話にて衝撃のリアル形態への組み替えを披露し、SDガンダムの持てるギミックをほぼ集約したようなキットです。

 やはり頭の大きさが気になります。コアファイターへの変形も兼ねているためしょうがないとも言えますが。

 リアル形態も1/144とそん色ないサイズですし、可動面はHG等と比べると若干劣るところもあるもののポージングをとらせるには十分です。

 個人的にはウイニングナックルが好きだったので残ってくれたら嬉しかったですが。

 続々と新キットが発表されています。

 トランジェントやクロスボーンフルクロスGBFT、トライオン3。

 ちょっと意外だったのはジエンドのキット化決定。ジエンドのキット化と思っていました。マントが再現されるか気になります。

 ディナイアルのキット化も決定していますし、ビルドファイターズのキットは勢いに乗っていますね。

 頑張れGレコ。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック