シャイニング・ウィンド ゲームとアニメの違い+ネタばれ その2

 前回シャイニング・ウィンドのゲームとアニメの違いについてそのとき進んでいたPhase9まで書きましたが、進んだのでまた違いを書いていきます。

 今回はPhase13の開始まで進んだのでそこまでの違いを前回のように大まかに書きます。

 では、

 キリヤ再起。ゲームではベスティアへ救援向かったった帰りにシーナに励まされ復活するが、アニメだとゼクティと再開してやっと復活。

 海竜王の器。アニメはソウマ、ヴァイスリッター側の視点で進むのでゲームでの海竜王の遺跡の神器についてその復活にはあまり触れられてない。

 ソウマとの再開とヴァイスリッターの面々との出会い。ゲームではリーベリアへ帰還ごラゴウの村へ向かう途中でソウマと再開しますが、アニメだと光風館で再開する。
ヴァイスリッターとの出会いは、マオについてはゲームとアニメほぼ同じ。ブランネージュはゲームだと海竜王の遺跡で出会い、リーベリア帰還まで同行するが、アニメだとキリヤ達が光風館へ向かう途中で出会う。エルウィンはゲームだとラゴウの村でゼロと会いその場にやってくるが、アニメだと光風館で出会う。

 リュウナとラザラス。ゲームでは海流王の遺跡の中で蘇生中でのちに生きていることが分るがヴァイスリッターのメンバーとしては登場しない。アニメだとゼロに救出されたソウマの介抱をし、ヴァイスリッターのメンバーとして登場する。ちなみにアニメだとソウマがヴァイスリッターのメンバーの中で最初に心剣を抜いたのはリュウナ。

 ゼクティと再会。ゲームだと光風館にたどり着いたところでラグナ村の村長と再会しその後再会するが、アニメだと光風館に到着後ソウマに案内され再会する。なぜ光風館にいたのか。それはアニメで、ソウマがトライハルト、ヒルダレイヤに託されたからというところが描かれているが、ゲームだとそのあたりは簡素に語られてる。

 ゼロが仲間になっている場合。ゲームでゼロが仲間になっていると、ラゴウの村でゼロとマオが再会するイベントがある。アニメだとこの2人は再会しない(ゼロが見守ってる感じのまま)。

 といったところでしょうか。表現的に分りにくいところがあるかもしれませんが、何分文章を書くのが苦手なもので。

 もし、ちょっと違うよというところや忘れてるようなところがあればコメントしてくれるとありがたいです。

 今回はここまでにします。次回は最後までいけるかな?といった感じです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック