figma セイバー2.0

 先週来月発売のドラゴンボールゼノバースのプレイヤブルキャラがどのくらいいるのか情報が載っているかと思ってVジャンプを買ったんですが、超サイヤ人4ゴジータと超一星龍参戦の情報ぐらいしかプレイヤブルについては載っていませんでした。

 いろいろと調べてみると120人ぐらいはいるみたいなことを書いているところもあるようですが、お願いですからバトルオブZの時のように中途半端だったりDLCだったりが無いようにしてほしいと思います。

 今回はfigma セイバー2.0のレビューです。

 150126 (1) 150126 (2)

150126 (3)



150126 (13)



 紹介は続きからどぞ。



 前後ビュー

150126 (4)



 頭部アップ、交換フェイス、交換前髪

150126 (6)



 ディスプレイスタンド、交換ハンドパーツ、予備ジョイント

150126 (7)



 エクスカリバー、鞘

150126 (8)



 カリバーン、鞘

150126 (9)



 ポージング

150126 (10)



150126 (11)



150126 (12)



150126 (14)



150126 (15)



150126 (16)



150126 (17)



150126 (18)



150126 (19)



 初代のセイバーといえばfigma最初期のラインナップですからようやくきたって感じですね。本来ならミクよりも先に出すべきだったのではないかと思います。

 肩や腰のジョイント引き出しによってより柔軟にかつ大きなアクションポーズをとらせることができます。

 エクスカリバーに加えてカリバーンも付属。

 表情もセイバーらしい3種類に風になびいた前髪も付属。

 セイバーやミクのように初期ラインナップされたfigmaを2.0でリニューアルしてほしいですね。ハルヒやなのはなど。

 4月にはViVidの放送も始まりますし、なのははちょうど良いんではないでしょうか。

 いや、それよりもヴィヴィオとアインハルトは先ですか。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック