1/144HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア レビュー

 仕事始めから1週間が過ぎました。今週は長かったように感じました。

 今回は1/144HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリアのレビューです。

150111 (2)



150111 (3)



 今年最初のガンプラレビューです。

 キットの紹介は続きからどぞ。



 フロント&リア

150111 (4)



 頭部アップ

150111 (5)



 バーニアユニットの可動

150111 (6)



 ビームサーベル

150111 (7)



 シールド

150111 (8)



 胸部、フロントアーマーミサイルハッチ

150111 (9)

 ハイパーバズーカ

150111 (10)



 ハンドガン

150111 (12)



 

 ガンブレイド(ショート、ロング)

150111 (13)



 ビームガトリング

150111 (14)



 ビームガトリング+ビームライフル乙

150111 (15)



 ビームライフル甲

150111 (16)



 ビームライフル甲+ビームライフル乙

150111 (17)



 ビームライフル乙

150111 (18)



 交換ハンド―パーツ

150111 (19)



 オリジナルマーキングシール

150111 (1)



 ポージング

150111 (20)



150111 (21)



150111 (22)



150111 (23)



150111 (24)



150111 (25)



150111 (26)



150111 (27)



 まさかこのような形でレッドウォーリアがキット化しようとは。

 トライのキットは新規金型が多いですね。このアメイジングレッドウォーリアもランナーのタグがアメイジングレッドウォーリアになっていました。ということはこれをベースにプラモ狂四朗のレッドウォーリアは出ないんでしょうか?

 注目すべきはその武装バリエーションの多さ。単体から組み合わせまで、かつてのケンプファーアメイジングを連想させます。

 物語も後半に差し掛かったビルドファイターズトライ。

 気になるのはあのガンダムジ・エンドって何がベースになっているんだろう?そしてキット化するんだろうか。
 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック