超合金魂 勇者王ガオガイガー

 仕事始めです。長期休み明けの仕事は怠いです。

 今回は超合金魂 勇者王ガオガイガーのレビューです。

150105 (1)



150105 (2)



150105 (3)



150105 (33)



 こちらも昨年買ったもので、12月末の購入物の中では一番デカいものでした、サイズ的にも価格的にも。

 紹介は続きからどぞ。



 ギャレオン

150105 (4)



 ガイガーへの変形

150105 (35)



 ガイガー

150105 (6)



 頭部アップ、交換フェイス

150105 (7)



 ガイガークロー

150105 (8)



 ステルスガオー

150105 (12)



 ライナーガオー

150105 (13)



 ドリルガオー

150105 (14)



 ステルスガオーとライナーガオードッキング

150105 (15)



 ガイガー(ステルスガオードッキングモード)

150105 (16)



 ガイガー(ドリルガオードッキングモード)

150105 (17)



 ガイガー(ステルスガオー、ドリルガオードッキングモード)

150105 (18)



 ファイナルフュージョン

150105 (36)



 ガオガイガー

150105 (19)



 頭部アップ

150105 (20)



 ディバイディングドライバー

150105 (21)



 ヘルアンドヘヴン用ハンドパーツ

150105 (24)



 ステルスガオーのスラスター展開

150105 (25)


 
 ポージング

150105 (5)



150105 (9)



150105 (10)


 

150105 (11)



150105 (32)



150105 (31)



150105 (30)



150105 (22)



150105 (23)



150105 (29)



150105 (28)



150105 (26)



150105 (27)



150105 (34)



 買った時も思いましたが、デカい・重い!

 前回紹介したレプリガオガイガーと比べてもその大きさは歴然です。撮影用の背面台紙からどう撮ってもはみ出します。

 ギャレオンからガイガーへは完全変形可能で、中間のガオーマシンとのドッキングも再現可能。

 ステルスガオーとのドッキングモードではバランスをとるために台座を使用します。そうしなければ自立が困難です。

 ガイガーには表情付きのハンドパーツも付属しています。

 ガオガイガーへのファイナルフュージョンもほぼ完全再現。背中のステルスガオー接続に補助パーツを使うぐらいです。上腕と前腕を接続するとき拳がちゃんと回転しながら出てきます。

 肩関節や股関節がとてもしっかりしているためポージングをとらせても崩れたりしません。というかちょっと硬すぎなくらいです。

 ステルスガオーの前腕接続部分など各種接続部分は収納したり隠れたりで全く目立ちません。

 そのサイズ故に指は全てフル稼働します。前腕収納時と合体後ではハンドパーツを交換するようになっています。

 またディバイディングドライバーはスプリングが内蔵されていて劇中の伸縮を再現しています。

 強いて残念なのは肘関節が二重関節ではないので90°ちょいまでしか曲がらないことでしょうか。

 それ以外はもう大絶賛です。

 いずれはステルスガオーⅡや完全変形のゴルディーマーグ(ゴルディオンハンマー)など発売してくれるんでしょうか?

 完全変形合体のディメンジョンプライヤーとかちょっとほしいです。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック