魔法少女リリカルなのはViVid Memory;67☆「バーニング・ドライブ」

 早速Fate/hollow ataraxiaの序盤をプレイしてみました。やっぱり声があるっていいいなぁ。

 さぁ今回もやりましょう魔法少女リリカルなのはViVid。

 先ずは今エースの表紙と付録。

141127 2 (1)



141127 2 (2)



 表紙は魔法少女リリカルなのはViVid、付録は2015年年賀はがきポストカードセットと魔法少女リリカルなのはViVid両面ポスター。

 それでは本編の紹介は続きからどぞ。



 大盛況の学園祭の終焉のセレモニーは校庭での成果斉唱。生徒たちが協力して作った魔法の聖火がその姿を彩ります。

141127 2 (3)



 第67話のサブタイトルは「バーニング・ドライブ」

 学院際のあとは何時もの学校生活。

 季節も秋に移り制服も秋服衣替え。

 コロナ、リオと共に登校中アインハルトとユミナに合流します。アインハルト達も秋服に衣替え。

 登校しながらユミナをインターミドルの応援に誘い、急に混ざることに困惑するユミナですが、アインハルトも友達だからと賛成します。

 一方、ミカヤは道場で門下生たちの指導と練習の最中連休はルーフェンに行くことと翌日のインターミドルの視察と応援に行く旨を伝えます。

 翌日、インターミドル地区予選準決勝会場。

 ヴィクター、ハリー、ルーテシア、ジークが試合に勝利。ルーテシアはファビア辞退による勝利。

 しかし、ミウラ対エリー・スタウトとの試合はミウラが大苦戦。

 エリーは早い射撃とフットワークを駆使する生粋のシューターで、射程外からの攻撃でミウラの踏み込みを完全に潰してきています。

 3ラウンドが終了してもポイントでエリーが圧倒的。

 インターバルに入ってもダメージが半分以上残っている状態のミウラ。しかし、ミウラには秘策があるようです。

 最終ラウンドが始まっても衰えることがないエリーの魔弾に防戦一方のミウラ。

 そこへ強烈な一撃がヒット。

 止めの一撃を放とうとするエリー。

 その瞬間ミウラの脚から強力な魔力が放たれ一気にエリーの懐に飛び込み、2度の強烈なボディーブローを喰らわせ、止めの蹴り技「空牙」が炸裂。

 エリーのライフは0になり試合終了。最終ラウンドでの大逆転となりました。

 ミウラのダッシュを見てそれがヴィータ仕込みだと見抜くノーヴェ。

 ミウラの控え室に赴くヴィヴィオ達。これで安心してリオの実家にに行けるとみんなで喜びます。

 そしてルーフェンの春光拳道場ではリオ達を迎えるための準備が進められていました。

 
 学院際も終わり、久々のインターミドル。

 次回からはルーフェンへ舞台を移します。

 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック