1/144HGBF ライトニングガンダム+1/144 ライトニングバックウェポンシステム レビュー

 初かっぱ寿司に行きました。普通の寿司だけでなく変わった物も結構あるんですね。

 今回は1/144HGBF ライトニングガンダム+1/144 ライトニングバックウェポンシステムのレビューです。

141109 (1)



141109 (2)



 141109 (3) 141109 (4)

 キットの紹介は続きからどぞ。




 フロント&リア

141109 (5)



 頭部アップ

141109 (6)



 ハンドガン、センサーユニット、ビームライフル、ビームライフル(ロングバレル)

141109 (7)



 肩アーマーとの接続

141109 (8)



 ビームサーベル

141109 (9)



 シールド

141109 (10)



 交換ハンドパーツ

141109 (19)



 ライトニングバックウェポンシステム

141109 (11)



 ミサイルポッド、ビームキャノン

141109 (12)



 ライトニングガンダムとの合体

141109 (13)



 シールドの合体

141109 (14)



 ビームキャノンの取り付け

141109 (15)



 飛行形態

141109 (16)



 ポージング

141109 (20)



141109 (21)



141109 (22)



141109 (23)



141109 (24)



141109 (25)



141109 (26)



141109 (17)



141109 (18)



141109 (27)



141109 (28)



 リ・ガズィがベースになっているという設定なので、キットも一部はリ・ガズィかと思っていたのですが、完全新規のキットでした。

 別売り単品のライトニングバックウェポンシステムと合体することで飛行形態に変形させることができます。

 砲身を変えることで用途の異なるライフルになるところはビルドストライクを連想させます。

 しかし、何故ライトニングガンダムとバックウェポンシステムをわざわざ別売りにしなのでしょう?

 ビルドストライクやスタービルドストライク、エクシアダークマター、ジムスナイパーK9等、バックパックはセットと単品がそれぞれ発売しているのに。

 その一方でヴァリュアブルポッドが単品は発売され既存のギャンと合体させることでギャンバルカンを再現したようなこともありますし。

 ライトニングバックウェポンシステムをライトニングガンダムとセットでの発売にしたときのライトニングバックウェポンシステム単品の売れ行きが見込めなかったのでしょうか?

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック